モチベーションの上げ方【伊藤】 | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2020年 5月 7日 モチベーションの上げ方【伊藤】

こんにちは。みなさんお元気ですか。と言われても

この御時勢で「元気です!」なんて人いませんよね。。。

自分はアニメが好きで春から始まるアニメを楽しみにしていたのですが、

コロナウィルスの影響でほとんど延期になってしまったので、原作で続きをみています。

Re:ゼロから始まる異世界生活を見ているんですけど、

止まらなくてもう最新話に追いつきそうな勢いです。笑

さて、今日のテーマはモチベーションの上げ方です。

ということで自分がやる気を無くしたときにやっていた2つのことを紹介していきます。

①志を振り返る

これは良く言われることだと思いますが、実際受験生の頃に自分もやっていました。

自分の高校や地元の友達はほとんど推薦だったり、

専門学校だったり、あるいは就職だったりする子が大多数で、

自分のように一般受験をする友達は多くはなかったです。

そのため、自分の中で一般受験は必ずしも通らなくてはならないものという感覚はなく、

チャレンジとして捉えていました。

そういう環境だったからこそ、やる気がない時は

「何で自分は受験勉強をしているんだろう」と思うことは必然でした。

その時に毎回志作文を読んでいました。

多分ほとんどの人が志作文を書いたときは

受験に対する希望だったり、期待だったり、野望だったりと

前向きな感情を持っていたと思います。

(受験マジ無理っていいながら書いていた人はそんないないと思います。)

だからこそ、その文章にはプラスの思いが込められていると思います。

そういう文だからこそ、ただ頭の中で考えるよりも絶大な効力があると思います。

過去の自分に背中押されるって不思議な感覚ですよ。

②カタルシス

ここでブログの序盤の伏線を回収させて頂きます。

自分はモチベーションを上げるというよりもストレス発散で

(自分の中でストレスが溜まる=モチベーションの低下なので)

自分が好きなアニメの感動シーンを見て感動したり、

心踊るシーンを見て胸アツになったりしていました。笑

正直、アニメ全部を見たかったのですが、そんな余裕はなかったので

YouTubeで自分が好きなアニメのシーンを

切り取っている動画をみて我慢をしていました。

これはアニメ好きの人にしか効果はないと思うので、

自分の趣味を20分くらいする時間を取ってみてはどうでしょうか。

しかし、自制が出来ない人は注意してください。

これはあくまでリフレッシュの時間で紹介しているだけで

遊んでいいよというわけではありません。

今は家で自粛していると思うので、自制が出来ない人は息抜きで

YouTubeとか見るとそれだけで何時間も過ごしてしまうかもしれません。

なので、受験生という自覚を忘れずに

あくまで息抜きということをしっかりと胸に刻んでください。

大学に入ったら、やりたいことはいくらでもやれるので、楽しみは取っておいて

頑張りましょう!!!