リスニングの勉強方法 | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2014年 3月 19日 リスニングの勉強方法

こんにちは!

大学での新生活に向けて、部屋の模様替えを計画している岩佐です!

今は英語のクラス分けテストに向けて、単語の復習をしています。

さて、英語と言えばセンターでは筆記とリスニング、私立大学の一般入試でもリスニングが含まれることがあります。

しかし、高校では長文読解や文法についての授業がほとんどで、リスニングの練習をする機会はほとんどありません。

「せっかく難しい単語や文法を覚えて筆記の成績が上がっても、リスニングが苦手で全体の成績が伸びない」という人が多くいますが、それではもったいないです!

そこで、今日は私が実践して効果があった勉強方法を紹介します!

 

まず、大切なのは自分の口で発音してみることです。

有名ですが、シャドーウィングは大変効果がありました。

シャドーウィングとは、CDから流れる英語に一瞬間を空けながら自分の声を被せてリピートするという勉強方法です。

ポイントは、きちんと英語を聴いてから発音することです。

また、英文を聴き終わってから同じように発音するリピーティングも効果があります!

 

しかし、何よりも一番大切なのは毎日ネイティブの英語に触れることです。

私は洋楽が好きで、駅まで歩く間はいつも聴いていました。

ポイントは聴いたあとに歌詞を見ること

そうすることで独特の繋げ方を知ったり、入試よりも速いスピードの英語を聞き取る練習ができます。

私自身これらを実践した結果、実際にセンターのリスニングが以前より遅く感じ、成績がかなり伸びました!

また、教科書や過去問に載っている長文の音読も効果的です。

 

是非試してみて下さい!