入試日程のすすめ【伊藤】 | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2020年 10月 19日 入試日程のすすめ【伊藤】

こんにちは。最近は授業受けて、バイトに行って帰って友達とゲームしてと

単調な日々が続いていて思いっきり遊びたいなと思っているのですが、

友達と中々予定が合わず仕舞いです。。。

さて、今日は入試日程について話していきたいと思います。

そろそろ受験校決定をしていく時期なので併願校を

どうしていこうと迷ってしまいますよね。

如何せん受験が3年前なので具体的な日程までは覚えていませんが、

自分の受験校について話していこうと思います。

自分は早稲田4学部、慶應1学部、上智1学部、

明治1学部、青学1学部、國學院1学部、駒澤1学部、

計10学部を一般入試で受けました。

早慶受験者の中には駒澤まで出したの?と思う生徒もいるかもしれません。

自分は試験本番緊張しやすいタイプだったので、早慶上智の受験までに

模試慣れをするためにそれまでに受けられる併願校を受験しました。

上智の入試は他の大学に比べて物凄く早いのでそれよりも早く受けられる

併願校を早めに決めた方がいいです。

また、よくある質問で何日連続がいいですか?と聞かれます。

自分は2日連続が最大でしたし、正直なところ2日連続が限界だと思います。

理由としては単純に想像以上に疲れるからです。

また、前日に最後の対策をしようと思って

も試験が終わって予備校に戻ってからしか

対策出来ないので試験前に余裕が持てません。

そのため、第一志望校など志望が高い大学は最悪連続になってしまっても

連続する日にちの初日になるようにしたほうがいいかもしれません。

とはいうものの早稲田の政経、商、社学を受けるといった例のように

どうしても志望が高い大学学部が3日連続になってしまうなんてこともあると思います。

そういった場合は疲れなどは気合でなんとかするしかないです。

しかし、対策に関しては前々から行っておくなど工夫は出来ると思うので

計画的に対策していきましょう。