共通テストの思い出【三浦】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都

東進ハイスクール 蒲田校 » ブログ » 共通テストの思い出【三浦】

ブログ

2023年 12月 29日 共通テストの思い出【三浦】

こんにちは。

今回のブログのテーマは「共通テストの思い出」です。しみひなさんと小澤さんと同じブログテーマです。光栄ですよね。共通テストまで残り1ヶ月を切りました。

私は私立志望でしたが、かなり共通テストに力を入れたほうだと思います!私立志望だと年を越してから共通テスト対策に入る人が多いのですが、私は科目によっては12月下旬から始めました。受験スケジュールを考えるにあたって、どう考えても共通テスト利用を上手く活用したかったからです!

前日
緊張して寝れないのは分かっていたので寝る何時間も前から布団に潜っていました。それでも中々寝れなかったのですが、私は試験会場が品川にある東京海洋大学で家から近かったので起きる時間が遅くてもよく、結局いつも通り6時間寝ることができました。

当日
本当に緊張して泣きそうだったのですが、駅から大学へ歩いてる時に同じ高校の友達に会ってとても緊張がほぐれました。

教室に入り座席を確認したら、両隣の人が休みだったのでここで勝ちを確信しました。

落ち着いていつも通り試験を受けることが第一だと思ったので、試験が始まるまではずっと芸人のYouTubeを見てました。休憩時間は教室を周って友達を探し教室の外でずっとお喋りをして気を紛らませてました。

また共通テストといえばM-1グランプリですね。私は共通テストが終わった日にM-1を見ると決めていました。ネタバレを喰らうのもいやなのでスマホやテレビなどすべてを遮断しました。私の中ではもう「共通テスト=M-1」だったので、誰よりも共通テストを楽しみに過ごしていたと思います。

共通テスト(M-1)が終わったら燃え尽きてしまうだろうと想像していたので、共通テストの次の日にコロナのワクチンを接種して、副反応のせいで勉強ができない!、と勉強しないことに正当な理由をつけました。

共通テストの2日後から再び早稲田の対策に戻った訳ですが、初日は特に英語の文章が難解すぎて全く解けなくて焦りました。なので単ジャンをレベル4から毎日1、2題ずつ解き、5日ほどで感覚を取り戻しました。

長くなってしまいましたね。