卒業担任助手 ~丹台亜び~ | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2016年 3月 27日 卒業担任助手 ~丹台亜び~

こんにちは!蒲田校担任助手1年の丹台亜びです。今年で大学2年生になります。

去年、担任助手というお仕事を始めましたが私は3月で担任助手を卒業をします。1年という短い間でしたが学んだことはたくさんあります。

そもそも、私が担任助手になることを後押ししてくれたのは第一志望校の不合格でした。

担任助手になって自分の担当した生徒を第一志望校に合格させることでリベンジをしようと思いました。

生徒はひとりひとり考え方や性格が違うため同じことを伝えるのにも言い方を変えたり、モチベーションを上げるために褒めるべきか焦らすべきか…これが担任助手をやる中で一番悩みました。自分の一言で良くも悪くも相手の心を動かすことを実感しました。

そして私がこの1年最も意識していたことが「大学受験での失敗はくり返さない」ということです。

私は受験勉強を始めたのが高3から夏までだったためスタートがとても遅く、また先を見据えた行動が甘かったために理想の受講ペースが確立できず演習にさく時間が十分ではありませんでした。

大学受験の次に待つ大きな壁は就活ですね。大学では受験期のような失敗を繰り返さないように一年生のうちから就活を見越してTOEICのスコアアップや、三年生で留学をするために十分な成績をとることを考えて過ごしました。

このような大学生活を送れたのは担任助手をやっていたおかげです(*^_^*)校舎で頑張っている生徒を見て自分のモチベーションが上がりましたし、同期や先輩に負けないようにしたいという気持ちもTOEICのスコアアップにつながりました!

大学受験後も努力を続ける環境にするかしないかは自分次第です。

みなさんが第一志望の大学に合格して素敵な大学生活を送れるように準備することに早すぎることはありません。たくさんの大学を見て自分のやりたいことを見つけてくださいね☆