卒業担任助手紹介 ~竹中巧也~ | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2016年 3月 24日 卒業担任助手紹介 ~竹中巧也~

こんにちは。東進ハイスクール担任助手二年生の竹中です。

今日のブログが担任助手生活最後のブログになってしまいました!!

何でもかんでも、”最後”になってしまうと何とも言えない寂しさがこみあげてしまいますね…。

今日はこの場を借りて、大学二年生の私が、蒲田校のみんなに伝えたいことを書きたいと思います。

老人がなんか言っているなぁくらいのスタンスで聞いていただければと思います(笑)

 

大学生になって二年間たちましたが、これまでの間たくさんの人と関わってきました。

たくさんの人とかかわることで自分とは違う価値観に持つ人にも出会いました。

その度に、「今日も新しいこと知れたし、成長できたな!俺!」と嬉しくなるのですが、最近竹中は気づいてしまいました。

「こうやって死ぬまで勉強するんだろうな」と。

そうなんです。死ねまで勉強するんです。社会人だって誰だって自分のためになるものを、何かから学んでいるんだって、最近やっと気づきました。

そしてそれが武器になることも、この二年でわかりました。

勉強は自分への自己投資であり、すなわちそれは豊かな人生への投資でもあります。

豊富な知識は自分を助け、支えます。豊富な知識から得られる知恵は自信になります。

いまみんなが必死になって勉強しているのは、大学受験が本来の理由ではないんです。

本来の理由は、先ほど言ったように、将来の自分への投資なんだと思います。

成績が伸びるとか伸びないとかは一番大事な事ではないんです。

一番大事なのは、勉強を通して得られた考えとか、価値観などの内面的成長なんだと思います。

 

蒲田校のみんなには、勉強ロボットにはなってほしくありません。

この大学受験を通して、主体的に物事を選択し、学び、判断、実行できる人になってほしいです。

 

私もこの一年間沢山つらいことを経験して、自分の糧にしていきたいと思います。

蒲田校のみんなも頑張ってください。ひそかではありますが、応援しています。