単元ジャンルの進め方【草地】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2021年 9月 18日 単元ジャンルの進め方【草地】

今日のテーマは進め方。

 

SHRで話しましたが、弱点集中攻略順で左上から進めていく。が大筋です。

今回のブログではSHRでは話せていない、僕がこの時期にやっていた勉強を内容、進め方、復習方法の3つにわけ、それぞれの方法とその良さについて話していきます。

 

・勉強内容

ジャンジャン単ジャン&毎日全教科勉強

これが僕の思うベストメニューでしたので、

単ジャン(英数理)+大問別(リスニング)+テキスト(国語)+受講1コマ

この内容をやり、毎日全科目に触れておきました。

絶対に毎日全教科やる必要があるのかと言われれば、一切ないです。しかし毎日コツコツと勉強を積み重ねることは強いと思う。特にリスニングや文章題ね

 

・単ジャンの進め方

もちろん左上から順に進めていきます。

最初の単元を2問解き、提出。次の単元を2問解き提出。その次の単元を2問〜。といった感じに、目標数値がいくつであろうと2問解く!

右下の方まで解き進めていくと、数日前に提出した左上のやつが返ってきている。返ってきたところはマークが提出から返却に変わるので、見つけ次第復習し、再度解いて提出。

この動きを徹底し、必勝必達の内容を何周もしました。なので、僕の単ジャン画面は上から提出中で埋め尽くされてました。

2問解く理由は復習のところで説明しますので省略。

このやり方でやると、必然的に左上(優先的に解かれるやつ)が多く演習されるため、勝手に自分の大弱点に多く時間を割くことになる。好都合です。

 

・単ジャンの復習方法

基本的に、返却され次第復習する。解いて、答えがめっちゃ気になった問題だけはその場で答えを調べて軽く復習しました。

採点者の方が僕の回答にアドバイスをくださることがあったので、返却されてから復習しました。

また、どの単元であろうと、2問も解いているので、復習をすれば、その単元のほぼ全体を掴めている。

しかも、どの単元であろうと、2問しか解いていないので、復習に大量の時間が消費されることがない。

 

 

以上のように、なかなか都合良く勉強を進めていきました。参考になる部分があれば良いですね!