単元ジャンル別演習について【伊藤】 | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2020年 8月 31日 単元ジャンル別演習について【伊藤】

こんにちは。伊藤桂心です。

先日、久しぶりにBBQをしに海にいったのですが、ずっと上裸だったので

背中が日焼けでヒリヒリして痛いです。。。笑

今日は単元ジャンルついて話していきたいと思います。

まず一番に言えることは単元ジャンルは確実に

みんなを合格へ近づけてくれる武器です。

単元ジャンルの説明をすると、単元ジャンルはみんなの今までのデータと

みんなの志望校の出題傾向をもとに今やるべき問題を提示してくれます。

今までのデータとは過去問演習であったり、模試であったり、

修了判定テストであったりあらゆる学習データが用いられます。

学習データ自体、一人一人違うものであり、志望校も一人一人異なってくるので

みんなを合格に近づける唯一無二の問題集と言えるでしょう。

夏休みに過去問をやろうって言われて「周りの予備校に比べて早いなぁ」とか

「今過去問やっても得点取れないよ」とか思ったと思います。

でも、それは全て単元ジャンルのためです。

今やって得点が取れるものはあまりやらず、今やれないものを今出来るように

単元ジャンルが一番効率の良い演習を提示してくれているのです。

自分が受験生の頃は単元ジャンルはありませんでした。

ですが、自分の場合は自分で単元ジャンルのようなことをやっていました。

志望校に傾向を似ている大学の過去問の大問1つを毎日演習したり、

自分が弱く、大学に出やすい分野を演習したりと自分の頭の中で

そのときに必要なことをやっていました。

しかし、今はそれがAIと学習データによって効率良く、

確実なものとして演習できるのです。

これほど良いコンテンツはありません。

第一志望校に受かりたいのであれば、

第一志望校合格に一番近いコンテンツを活用しまくる。

これが9月以降徹底的にやってもらうことです。

今の大学一年生が使い方とかわかりやすく教えてくれるので

一緒に頑張っていきましょう。