受験生として【草地】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 1月 21日 受験生として【草地】

 

こんにちは。金崎卍会の草地です。

今日のテーマは受験生としてです。新3年生に向けたブログになります。

 

同日体験受験おつかれさま。これから帳票をもらって、細かい自己分析と復習の仕上げをするところだと思います。

新受験生、ここが節目です。ここでもう一度生まれ変わったやつが勝ちます

 

今日は、僕が思う受験生として必要なものの中から2つ伝えます。

 

・1つ目 理由を大事にする

受験本番まであと1年になりました。1年はイメージすると長いです。でも実際過ごすと短いです。飽きた、疲れた、やる気がでない。そんなこと言ってたるんだやつから負けていきます

とりあえず大学に行きたいから頑張る。こんなんでは本気の努力を継続するのが困難なので、きっとどこかで負ける。これから1年間ずっと、受験勉強に全力で励み続ける理由。これを真っ先に見つけてください。

 

・2つ目 時間の認識

さっきも書いたように、これから先の1年間をイメージすると、とても長いです。実際1年って長いです。1年あればたいていのことはやれる。でもたぶん、高校生のみんなが今まで過ごしてきた1年って思い返すと短いでしょ。

なぜか?

1年という長い時間をかけたのに、1年もかからないことしかできていないと、こうなります。

もっと突き詰めると、1日で24時間分の行動をできていないと、短かった1年になります。

1日で48時間分の行動をすると、非常に濃密で長かった1年になります。

 

で、さっき言ったように1年間ずーーっと、本気の全力の、スーパーウルトラめっっちゃすごい努力をやり続けないと負ける。

なので、みんながこれから過ごす1年は、今までの人生でいうところ2年分にも5年分にもなるくらいぎっしりと詰まった素敵な1年にしてください。

そのためには、今まで持っていた時間の認識、やっていた使い方ではたぶんダメです。

 

時間は自分の意思で自由に分配するもので、

時間の分配は自分のやりたいことにオールイン

 

この認識と使い方を身につけてください。これが受験生として必要なものです。