受験生時代の自慢【原田】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 11月 16日 受験生時代の自慢【原田】

こんにちは。原田です。
先日から、車の免許を取るために教習所に通い始めまして、運転するために必要な動作とかを学ぶ最初の授業を受けました。初回なので実際の運転席を模した機械を使って行ったのですが、なんだかゲームセンターにあるマリオカートみたいで面白かったです。
みなさんも受験が終わったら免許を取りに行くんでしょうか?最近は免許取る若者が減ったとか聞いたことありますが、普通に教習所混んでるのでご利用は計画的に。

さてさて、今日のブログのテーマは「受験生時代の自慢」です。
実はこれ、ほかの担任助手の話を聞いてみたくて私が提案したテーマでしたが、自分に帰ってきました笑

2つほどパッと思い浮かんだので、それをお話しします。
1つ目が、「2021年2月向上得点ランキング 全国16位」です。13位に上がってたのを見たような気もしますが定かではないのでこっちにしといてください。
向上得点とは分かりやすく言えば、努力の指標。どれだけ東進のコンテンツを使って勉強したかが簡単に分かるものだと思ってもらって構いません。これが上から16番目だったということですね。ちなみにこの時期に東進ハイスクール蒲田校には向上得点ランキング全国1位の神様がいました。この方の影に隠れてましたが、よく頑張った過去の私。

もう一つが、「第一回大学入学共通テスト 漢文満点」です。いや漢文かい!
しかしですね、これ満点取るとすごく良いことがあります。まず、共通テスト後に結果が届くように申請すると、家にハガキが来るのですが、そこに記載される全国1位の文字!いやー照れますね。
そして、他受験生に対する心理的マウント。漢文でっていうとなんかショボいかもですが、何かしらで満点が取れれば、その科目において受験する時に少なくとも自分と同じか、自分以下の人しかいないわけですよ。自信持って挑めそうですよね。
実際に解いてみたら違うって?そりゃどんな問題でも満点が取れるほど安定してる人は少ないでしょう。でも、自分の中でこんな風に思うだけならタダです。

これまで勉強してきて、合格するための力はある。それならあとはメンタル勝負です。つまり、少しでも物事をプラスに捉えて進める人が勝ちます。その点において、楽観的思考をもつ私はほぼ最強でした。これからも適度に自慢し続けます笑

明日は當間くんの自慢話です。どんな話が聞けるのか…!必見です!