基礎の重要性【佐久間】 | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2020年 5月 20日 基礎の重要性【佐久間】

皆さんこんにちは!佐久間です。

僕も大学のオンライン授業が本格的に始まりました。通学時間などがなくなるのはとても良いんですが、まあ一長一短といったところで、、、
僕は理系で実験とかもあるので、そこはこれからどうなっていくのか少し不安な部分ではあります。
だた学べる環境があるだけでもありがたいことなので、環境に不満は言わずなんとか頑張っていきます!

 

ということで、今日のテーマは「基礎の重要性」。

受験生の皆さんはそろそろ過去問に本格的に取り組み始める人も多いと思います。これからの学習のイメージはついていますか???

 

いきなり話の骨を折るようなことをいいますが、これが基礎でこれは基礎じゃないというようなはっきりとした区別って実際ないですよね?
もちろん英語で言えば、単語や文法なんかは基礎と言われる部分です。でもどんなに単語を勉強しても本番では1つや2つくらいわからない単語も出てくるものです。
そんなときどうするかと言ったら、例えば話の文脈や前後との関係でその単語をある程度予測したりすることも必要です。
だから単語だってある意味では応用的に使っていかなきゃいけないんです。

 

つまり何が言いたいかっていうと・・・

これから夏に向けては基礎的な学習と応用的な学習、インプットとアウトプットを並行してやっていってほしいです。
確かに基礎は大事です。でも単語や文法を完璧にインプットしたからって入試問題ができるようになるのかといったら、それは否です。
「まだインプットが完璧じゃない」、「まだ過去問を解くレベルになってない」、そういう思いがあるのもとってもわかります。僕もそうでした。でもその「まだ」っていつ来るんでしょうか。

それを待っていたら遅いです。

過去問を解かないと見えてこないものが必ずあります。ここまで受講や高マスにしっかり取り組んできた人は土台はできてますから、恐れずに過去問にチャレンジしていきましょう!
ファイト!!!

 

明日のブログは椎葉さんです!お楽しみに~