大学で面白かった講義【三重野】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2021年 11月 3日 大学で面白かった講義【三重野】

こんにちは!

ようやく、大学は対面授業をスタートしてくれて
嬉しいような少し残念なような微妙な三重野です(笑)
 
本日のブログのテーマは
「大学で面白かった講義」です!
 
1年次に私のゼミの教授である各務洋子先生の
グローバルマネジメントという講義を受講しました。
主に経営学や戦略論を学んでいく授業です。
 
その授業の中で、活発な職場の在り方についての
お話がとても印象に残っています。
 
まず従業員一人ひとりのやる気を上げていかなくては
ならないですよね。
 
そのやる気の動機には2つ種類があるんです。
 
①内発的動機
自分のうちから湧いてくる動機。
 
②外発的動機
外部的要因から生み出される動機。
 
どちらも会社にいい影響を与えるように見えますよね。
①は内から出てくるものなので、自分の軸で自ら動く様子をイメージできます。
しかし、②は他人から褒められたりして生まれるものなので、持続性はないんです。
 
私はこの講義を聞いて、受験勉強に励む自分と重ねて考えました。
 
①自分の目標に向かって、軸をもって自ら勉強を進めること。
②先生や担任助手から褒められたから、頑張ろうと思って勉強を進めること。
 
②ももちろんモチベーションは上がりますが、
他人から言われて動いているようでは全く
独立自尊には近づいていかないですよね。
 
このように経営学の授業の中でも
自分の生活と応用できるような知識を
身に着けることができることに
魅力を感じました。
 
経営学は生きていくうえで
必要不可欠な学問であると気づかされました。
 
受験の段階では経営学部なんて
志望していなかったので、
自分でもびっくりでした。
 
みなさんも、食わず嫌いせずに
高校生のうちにたくさんの学問分野に触れて
自分の可能性を広げてください!