大学と高校の部活の違い【佐竹】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 9月 30日 大学と高校の部活の違い【佐竹】

こんにちは!

最近僕が所属している部活の公式戦であるリーグ戦が近づいてきて、頭の中が部活でいっぱいな佐竹です!

今日は「大学と高校の部活の違い」について書いていきます!

僕は今上智大学の体育会系の男子バレーボール部に所属しています。

僕はバレーボール自体は高校生の時に始めたのですが、大学生となった今も部活で切磋琢磨しながら部活に励んでいます。

なぜ僕がサークルではなく部活を選んだのかというと、高校生の時の最後の大会がコロナの関係で全て無くなってしまい、不完全燃焼で終わってしまったからです。

高校の時の部活と大学の部活を比べて一番の大きな違いは「自主性」です。

高校生までは、多くの部活が監督のもとで監督に練習メニューなどを決めてもらいながら練習に励みます。

それと比べて大学生の部活は監督という立場の人はいるものの、毎回の練習に顔を出すわけではなく、大会や練習試合の時にたまに来るくらいです。

練習メニューについても選手同士で意見を出し合いながら、チームが勝つために必要な要素を取り入れます。

自分たちで練習メニューを考えている分、高校生の時よりも一勝ごとの喜びは格段に大きくなっています。

高校で部活が不完全燃焼で終わった人、大学で自分を成長させたい人、大学で部活をやってみるのもありですよ!

第一志望校合格に向かって頑張れ!!!