大学の定期試験【落合】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 7月 31日 大学の定期試験【落合】

こんにちは!っていう挨拶をいつも最初にしていますが、夏休みに入って東進に来るまでの間に読んでいる方が多いと思うので、おはようございます!にしておこうと今考えている落合です。朝が早いですね。皆さん朝登校はできていますでしょうか?この夏が受験において一番大切です!気合い入れていきましょう!

ということで今回のテーマは「大学の定期試験」となっています。

大学でもテストってあるんですね。

今日は一番おもしろいなと思ったテストについて話していこうかなと思います。

毎週基礎化学実験という授業を受けているのですが、この授業のテストが「そんなことある?」というテストだったので話していきます。

まずは、テスト範囲はこれまでやってきた実験全てから出されます。今までに入学してから10回程度実験をしているわけですから、相当な範囲ですね。テストの問題形式は伝えられておらず、頑張ってねしか言われませんでした。そして、いざ試験開始のときになり、配られたプリントを見ると過去に行った実験の名前だけが書かれていて。問題文には「自分で問題を作り、解きなさい。」と書いてありました。頭の中にはハテナが30個ほど浮かびましたね。

このテストを通して学んだことが一つありました。それは、自分が知っていること以外の問題は作れないということです。学校の先生を目指している身として改めて化学を理解しなければいけないのだなと感じました。


読んでいる皆さんも受験勉強の確認として問題を作って見る。これをしてみると自分がどこまでわかっていてどこがわかっていないのか明らかになると思います。まだまだ夏休みはあります。受験まで気張って行きましょう!