大晦日スペシャル【上原&佐久間】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2021年 12月 31日 大晦日スペシャル【上原&佐久間】

2021年ラストブログ、担当は佐久間です!お願いします!!!

今日は大晦日スペシャルです!我らが上原さんと対談していこうと思います。

 

Q1.2021年を振り返って

 「今日で2021年も終わりです。振り返ってみていかがでしたか?」
 「怒涛過ぎて記憶が曖昧ですね、、、」
 「上原さんは今年から新生活がスタートしたわけですが、新たな発見はありましたか?」
 「そうですね、自分の語彙力が思っていた以上にひどいことに気づかされましたね、、一応文学部出身なんですけど、、笑 佐久間くんは何かありますか?」
 「大学の授業も去年に引き続き、コロナの影響で前半はずっとオンラインだったので、悶々とした日々でしたね。10月頃からやっと大学に行けるようになりました。オンラインはオンラインで効率が良いと割り切ってやっていましたが、やっぱり友達とコミュニケーションを取ると楽しいですね。研究室の活動も本格的に始まって、今は凄く充実しています。」
 「なるほど!今年は生徒とはちゃんと毎日顔を合わせることができたので、そこはよかったですね」
 「本当に良かったです。去年のコロナ第一波では校舎を開館することができず辛い思いもしました。今年は生徒のみんなが頑張る姿を毎日見ることができました。感謝ですね。」

 

Q2.自分の受験期を振り返って

 「受験生はいよいよ本番です。自分の受験期はどうでしたか?」
 「私は12月25日まで部活があって、引退してからの全力スタートだったので、正直いま毎日校舎に来て朝から閉館まで勉強している受験生たちが本当にかっこよすぎるなと思っています。私にはそこまでの継続力はないなあって。」
 「そうなんですか!?部活もある中で、勉強の時間はどのように確保していたんですか?」
 「移動時間に全力で頭に詰め込んでなんとかしていました笑」
 「ですよね。自分も行き帰りの電車で、眠くてスマホ落としそうになりながら高マスやってました笑 本番が近づいてきましたが、メンタルの保ち方など何か工夫していたことはありましたか?」
 「自信は本当になかったです。点数上での自信がなかったので、その分毎日絶対にやるべきこと+αをやりきってから寝ることで、物量としての自信を持つようにしていましたね。といっても蒲田校の生徒と比べたら塵みたいな勉強量だったので、生徒みんなには、自分はこんなにやったんだっていう確固たる自信を持って挑んでほしいです!」
 「そうですね。やっぱり最後に後押ししてくれるのは「自分はこれだけやってきた」という自信ですからね。自分もセンター試験本番はびっくりするくらい緊張しました。でも蒲田校の生徒たちには、今までの自分を信じて打ち勝ってほしいですね。」

 

Q3.来年の抱負!

 「では最後に2022年の抱負を!」
 「そうですね、受験生のサポートはもちろん、来年は佐久間くん並みに頼れるスタッフになりたいですね!佐久間くんは何かありますか?」
 「いえいえ、そんなことないですよ!上原さんにはたくさん助けていただきました。来年はまずは就職活動ですね。3年間の担任助手の経験もしっかり活かしたいと思います。大学生活も残すところ1年なので、やり残したことが無いよう全力でいきます。でも、なんと言っても蒲田校の受験生の第一志望校合格が一番の願いです!」
 「そうですね!たくさんの嬉しい報告が聞けるように、私達も最後まで全力でサポートしていきましょう!」
 「最後に受験生にエールをお願いします!」
 「はい!しんどかった受験勉強も残り2ヶ月です。人生で一番死ぬほど努力した2ヶ月だった、と全員が思えるように最後までやるべきことをやりきっていきましょう!蒲田校のスタッフが皆さんのことを世界で一番応援しています!!」
 「自分は宇宙一応援しています!!!笑 まずは万全の状態で試験会場に行くことが一番です。コロナの方もまだまだ油断は出来ないので、体調管理には十分気を付けてください。本当の受験勉強はここからです。みんなのこと全力でサポートします。絶対合格しよう!!!」

 

1年間ブログを楽しみに読んでくれた皆さん、ありがとうございました。
2022年も蒲田校スタッフ一同、温かい校舎を作っていきます。
どうぞよろしくお願い致します。

では、良いお年を!