早稲田(戸山C)あるある【三浦】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都

東進ハイスクール 蒲田校 » ブログ » 早稲田(戸山C)あるある【三浦】

ブログ

2023年 12月 15日 早稲田(戸山C)あるある【三浦】

こんにちは。先日、隠土さんと『君たちはどう生きるか』という映画を見に行ったのですが、隠土さんが号泣してました。感受性が豊かで良いですね!

今回のブログのテーマは早稲田(戸山)あるあるです。

あるあるの前に少し戸山キャンパスについて紹介します。

戸山キャンパスは「文キャン」と呼ばれており、文学部・文化構想学部の学生が主に使うキャンパスです。最寄駅の早稲田駅からは徒歩5分以内でアクセスが良いです🙆‍♀️「本キャン」とよばれる早稲田キャンパスからも徒歩5分以内です。

さてあるあるを紹介しましょう!
まず一つ目は、「女子が多い!」です。
文学部も文化構想学部も女子の方が多いので、この二つの学部が集まる戸山キャンパスは女子が多いように感じます。戸山女子大と呼ばれることもあります。

二つ目は、「時間割がガラガラ」です。
決して怠慢であるわけではなく、履修できる最大限の授業数を履修しても、私は1日に授業が最大2コマです。その上、授業が一つもない全休の日もあります😉他の学部より自由な時間が多いので、サークルや部活の三役は文学部・文化構想学部の人が多かったりします。

三つ目は「キラキラしてる学生が多い」です。
まずスタバがある時点でお洒落な感じがしますよね。私は先週初めて行きました。
戸山キャンパスは施設全体がとても綺麗です。「戸山の丘」という丘があり、丘の上でお昼寝してる学生がいたりと、ゆったりとした雰囲気がながれています。

もう思いつきません。