朝登校者が減っている件 | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2014年 8月 29日 朝登校者が減っている件

今日も早起き!寒くて4時に目が覚めました、岩佐です!

さてさて、最近本当に肌寒いですね(+o+)

生徒の皆さん、風邪に気を付けて下さいね!!!体調管理は受験勉強の基本ですよ!あったかくして寝る!

そして、8月も残り2日となった今…

7時に登校できている生徒が非常に少ない!!!!(゜o゜)

夏休み中の疲れがどっとくる頃だと思いますよ。はい。

しかし!ここでバテていたら入試が続く1月・2月を乗り越えられません。

また、寝坊してしまう生徒は共通して、「夜眠れない」、「遅くまで勉強してて…」などと言っていて睡眠不足であることが窺えます。

そこで!悩める生徒たちのために睡眠について調べてみました。

睡眠中の脳は主に2つの働きをします。

1.情報を整理する。

2.獲得した知識を脳に固定する

つまり、睡眠が足りていない場合、暗記内容を整理できておらず脳に固定化することもできていないため、何時間勉強しようがほぼ無意味!

せっかくの努力が水の泡です。

また、勉強内容を脳に定着させるために必要な最低睡眠時間は 6時間と言われています。

しかしいくら長く睡眠をとっても質が良くなければ意味がありませんね!

ぐっすり眠るためには起きる時間と寝る時間を毎日一定にすることが効果的です。

どんなに中途半端でも途中で止めて、時間になったら眠る!!

そこには睡眠の質以外にも効果があります。ツァイガルニック効果というものです。

ツァイガルニック効果とは、良い箇所で終わるとその先が気になるという効果です。

この効果は翌日の勉強意欲・学習効果を高めます。

どうでしたか?以上のことから、如何に睡眠が大切かということがお分かり頂けたと思います。

睡眠時間は必ず6時間以上とりましょう!

その日のノルマを達成すること以上に意味があるんです。

夏休みはもう終わってしまうけれど、受験はここからが本番!

 学校が始まっても朝の時間を有効に使いましょう!