東大の魅力【兒玉】 | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2021年 6月 3日 東大の魅力【兒玉】

こんにちは、本日大学に入って初めて中間試験を受けて早くも留年の心配をしている兒玉です。中間試験といっても科目は数理科学基礎(平たく言えば数学)だけなのですが難しすぎて倒れそうでした。科目が数学だけなので中間は理系にしか存在しません。俺が倒れそうになっている間に文系はクラスで富士急行ってきたらしいです。羨ましい…

 

さて、本題に入ります!今日のテーマは東大の魅力です!

東大の魅力①:日本でトップの大学であること!

東大の魅力と言ったらまぁ一番はこれだと思います。僕はこの理由で東大を志望しました。僕は理三ではないので本当のトップではありませんが…それでもやはり大学生活の中で何度も自分は日本一の大学に来たんだな…という実感をします。今まで大学を聞かれて相手が東大を知らなかったことはありませんし、留学生や外国人にも通じます。あと一番実感するのは周りのレベルの高さを見たときです。教授のすごい曖昧な指示だけでみんなとてもクオリティの高いプレゼンをします。日本中からトップ層が集まってるってこういうことなんだなって毎日思います。

東大の魅力②:進振り制度!

東大のカリキュラムの一番の特徴として進振り制度というものがあります。普通の大学では受験の時点で学部を決めて受験をするのですが、東大の受験方式では受験時に学部は決めません。理系文系で科類分けはされてますが学部を決めるのは二年の秋になります。それまでは教養課程と言って、分野を絞りすぎないで幅広く勉強します。この過程で自分の進路を考えられるのでより自分の将来について考えることが出来ます。また、二年の秋に学部を決めるときはそれまでの成績順で志望学部に入るので人気のある学部に行くためには一年の時から試験を頑張る必要があります。良くできた仕組みです…

 

まだまだ東大の魅力はありますが、今日はこのくらいにしておきましょう!この記事で東大に興味を持った人は是非一緒に東大を目指しましょう!!!