模試の判定【草地】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2021年 12月 22日 模試の判定【草地】

 

気にするな

 

 

こんにちは。今日のテーマは模試の判定です。

長い文章を読みたくない人もいるかと思うので最初に結論を書いておきました。ここからはブログを読みながらひと休みしたい人、勉強への意識を高めたい人が読んでね。

 

まず最初に模試の判定から少し離れた話をします。

 

みなさんはなぜ勉強をしていますか?ちょっと考えてみて。

きっと、大学に受かるため。が最初に出てくる。でもそれだけじゃないと思う。

例えば、兄弟と同じところへ行きたい、友達に勝ちたい、親孝行したい、頭良くなりたい、合格っていうかっこいい称号が欲しい、勉強が楽しいなど、人によって様々な色んな理由がいっぱいあるはず。

んで、これらは全部、自分にとって勉強をやる理由なわけ。

 

次は、自分が勉強に対してマックスの力を出せていないときを思い出して。どうしてフルでがんばれてない?

きっと、なんかわかんないけど力がでないとか、嫌なことがあったとかを思いつくと思う。それらは全部、自分にとって勉強を辞める理由なのね。

 

 

あなたはこれから何をしたい?

 

大学合格、就職、結婚とか、なんでも。何もしたくないってのも、したいことの1つ。

何をしたいかを考えて、思いついたら続きを読んで。

 

 

 

 

今思いついたやりたいこと。いくつあったとしても、それだけは絶対にやった方が良い。何としてでも成し遂げろ。そのために努力や工夫が必要なら頑張れ。

んで、そのやりたいことを辞める理由なんて1つもいらないし、やる理由はたくさんあった方が良いに決まってるよね。

 

 

模試の判定の話に入ります。

 

模試の判定どうでしたか。

良かった悪かった?

どっちでもいいです。大事なのは判定ではなく、模試の前と後の自分の行動。模試の受け止め方ね。

 

判定悪くて落ち込んだ。なんか机に向かう気にならない。

判定良くて調子乗った。なんか机に向かう気にならない。

こんなことになってない?

 

模試は、判定がどうとかじゃない。模試が自分にとって勉強をやる理由になるか、やらない理由になるか。が大事

たぶん、判定が悪くてやる気になる人は少ないし、判定が良くてギアが上がる人もいないっしょ。

 

なので結論気にするな。です。

 

でももし、自分に頑張る理由が足りてないのなら、悪い判定でも良い判定でも、自分にとって勉強を頑張る理由にしなきゃいけない。これは簡単なことじゃないかもしれないので、もし1人でやるのが難しいなら担任助手を頼りなさい。

 

俺のやりたいことは、みんなのやりたいことをやらせてあげること。

そのための努力を全力でするので、なんでも言ってね。

 

模擬試験、おつかれさま。