模試の復習について【伊藤】 | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2019年 8月 28日 模試の復習について【伊藤】

こんにちは。伊藤です。

夏休み中に自分は東北にいってきました。

仙台にいって牛タンを食べて、

山形にいって米沢牛のステーキと肉寿司を食べて

帰りに宇都宮で餃子を食べてきました。

牛タンと米沢牛は値段も高い分美味しかったのですが

宇都宮の餃子で有名な店に行ったんですけど、

正直蒲田の羽根付餃子の方がおいしかったです。

蒲田卍ですね。

ではでは模試の復習について話していきたいと思います。

みなさん模試の復習はしてますか?

模試の復習をしない模試は

正直受ける意味はありません。

模試の復習をしっかりしてこそ模試を受けたと言えます。

じゃあ復習ってなんだろうってなると思います。

どこまで復習をするかは人それぞれだと思います。

自分はあまり深くまでは復習をしていませんでした。

なので、自分が最低限やっていた復習を書いていきます。

英語

英語は得意だったので、間違えたところの解説を読んで、

わからない単語を写真に収めて、

定期的に復習していたくらいです。

現代文

国語が一番しっかりやっていました。

現代文はまず解説を読んで本文中の根拠には

赤ペンを引いておいて

そこを意識しながら読み直しました。

また、漢字は解答を見る前に選択肢の漢字も

含めて、自分で書いてみて、書けなかったものは

書きまくって覚えました。

古文・漢文

古文と漢文は解説を読んで、そのあと音読をしていました。

英語の長文は音読するのに、みんな古文と漢文を音読しないんですよね。

自分は音読が合っていたので、古文と漢文の長文も音読していました。

日本史

日本史は日々の復習で10日間で一周していたので、

模試の復習はあまりしませんでした。

しかし、解説はしっかりと読んでいました。

また、10月以降は論述対策のためになるような項目は

自分のノートにまとめていました。

 

以上自分の模試の復習方法でした。

自分は復習をしていない方なので、

これより復習をしていない人はやばいと思ってください。

受けた模試は最大限に活用しましょう。