物理の勉強法【佐久間】 | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2020年 6月 4日 物理の勉強法【佐久間】

こんにちは。佐久間です。

あれよあれよという間に6月です。もう2020年も折り返し地点に差し掛かっています。
早いような遅いような、、、

 

ということで、最近のブログは〇〇の勉強法シリーズが続いていますが、今日は「物理」です。
とは言っても何か完璧な勉強法を確立していた訳でもないので、参考までにしてください。

僕が受験生の時は夏休みが終わってもなかなか物理の点数が伸びず、結構悩んでいました。
ただ10、11月辺りでグッと伸ばすことができました。

その要因は、過去問と問題演習を徹底的にやったことかなと思っています。

物理は概念の部分をきちんと理解しないと解けない科目だと思います。いくつかの分野に分かれていますが、本質的な所では繋がっている部分も多いです。
僕も初めはそこに苦労しました。でもある時パッと繋がる瞬間があったんですね。そこから一気に点数が伸びました。
過去問の復習をする時も「こうなってこうなる」という事実だけではなく、「なぜそうなるのか」という所まで掘り下げて理解するようにしました。そして、大問別演習で狂ったように問題を解きまくりました。確か1か月で200回近くやりました。
ある程度パターンもあるので、しっかりと基本的な内容を頭に入れたら、あとは量が物を言うと思います。

友池さんも数Ⅲ編で言っていましたが、物理も数学と同じで問題を見たときに一瞬で解法が思い浮かぶくらい演習を重ねた方がいいです。
最初はなかなか好きになれない人も多いと思いますが、そこを諦めずに続けていけば必ず伸びる時がきます。あとは物理を好きになって楽しめたら勝ちです!笑
頑張りましょう!

 

明日は長谷川さんです!お楽しみに!