自己投資 | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2014年 10月 11日 自己投資

最近多くの担任助手がブログに書いているようですが・・・

10月1日からビジネススクールの事前申し込みが始まっています!竹中です。

 

突然ですが、私もビジネス英語の受講生の一人です。わたしは高校生の時から留学をしたいという決意がありましたので、英語の勉強は必須だととらえていて、事前申し込みしていました。

一年担任助手は僕以外事前申し込みをしていなかったみたいで、ここでは言えない話、損したそうです。

一方でですね、先にも書きましたが、私は大学三年次に、一年間どんな形でもカナダに留学したいと思っています、これは非常に強い決意です。

この決意が揺らぐことは絶対にありません。あっちでどんな高い壁にぶちあたろうが、一年間生き抜いてきます(笑)

一体どんな高い壁なんでしょうか??いろいろ考えられます。異国での生活環境の違いによるストレス、ホームシック、友達がいない、日本語が使えないなど様々です。ただ、一番ストレスフルなのは、十分な意志交換ができないことだと思います。そしてそれが、予想できる一番大きな壁だと思います。

わたしは一年間の最初の数ヶ月を”英語に慣れる数ヶ月”にしたらもったいないと思っています。せっかく英語しか使えない環境に身を置いているのですから、英語をある程度話せる状態になってからカナダに行きたいと思います。そうすれば一気に英語を吸収できますし、

また、ある程度の意志交換(英語が話せる)ができれば一番大きな壁も乗り越えることができますし、友達だってできます。そしたらホームシックもなくなりますし、生活環境の違いも質問すれば納得して環境に慣れることができます。

だったら英会話でもいいじゃないか!! なんで”ビジネス”英語なんだ!!

という声が今聞こえてきました(笑)まったくそのとおりです。

すでに英語圏に旅行して英語を話してみた人ならわかると思いますが、英語って不完全でも通じてしまうんです!!(汗)

人間のコミュニケーションツールには表情、身振りなどたくさんあって、それらに助けられて言いたいことを伝えられてしまうんですね。

だから英会話したいだけなら英会話に通えばいいんです。そうなんです。

でも私は英会話以上の英語を習得したいと思っていました。例えば英語で人と交渉することです。

日本に居たって、ビジネス英語は必要です、現在、海外企業の日本市場の参入、逆に日本企業の海外参入・グローバル化は無視したくても無視できない状況になってきました。

私も、みなさんも、いずれは社会人となり、他人と仕事をする機会があるとおもいます。そこに絶対外国人がいます。

その時、ビジネス英語がおろそかであるあまりに、他の英語が話せる日本人に負けたくありません。少なくとも私はそう思います。

長くなりましたが、そのような決意で私はビジネス英語を受講しています。

遊んでばかりで勉強していないと揶揄される現在の大学生ですが、そんな時こそみんなには自己投資をしてもらいたいです。

将来の自分のためになる自己投資、この時期に一度考えてみてください。