講習と過去問の比率【合田】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2021年 7月 4日 講習と過去問の比率【合田】

先日、電車のホームの自販機で、ペットボトル入れ替え中に購入しようとボタンを押しまくるという醜態をさらしました、どうも、合田詩音里です。

今回のテーマは”講習と過去問の比率”です!

これに関してはなかなか難しいですよね、、、

人によって取っている講座、またその数が違いますので、一概に一週間に何個やろう!!とは言い切れないです。

ただ言えるのが、東進ハイスクール蒲田校においての一番の目標は

”8月末までに共通テスト、二次私大、共に10年分達成”ということです。

ですのでこれをこなしている間に細かく講習を挟むというのが一番理想かなあと思います。

ちなみに私は夏期講座は、数学3つ、国語1つ、日本史1つをそれぞれ取っていました。数学と国語はとても予習復習が大変だったので、沢山時間が取れる時にこなしていました。一方、日本史はやるのが苦ではなかったので息抜きとしてスキマ時間に受講していました。

夏期講座も過去問もしっかり終わらせて、清々しい夏明けを迎えましょう!!