過去問演習講座に向けて【草地】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 3月 24日 過去問演習講座に向けて【草地】

こんにちは草地です。

 

今日のテーマは過去問演習講座に向けて

 

過去問演習講座に向けて、みんなに2つのことを伝えます。

 

1.知識のインプット

英語で言ったら単語や熟語の意味やニュアンス、文法の仕組みなどのこと。

歴史で言ったら時代の流れや人物名、その人に関わるメイン要素(主なイベントや敵対した人など)のこと。

数学で言ったら高校レベルの計算式の答えのだし方や立式の仕方、公式そのものとそれを使える条件などのこと。

 

大学受験には、そもそも知らなきな解けないよ。という問題がよくあります。

ただ、これらの問題は、俺らが知らないような事をわざわざたくさん引っ張ってきて作られているわけではなく、俺らが覚えていないことがあるからそう感じるだけです。受講や教科書など、どこかでやっているはずのことなのです。なので受講の内容はわかっておきましょう。受講がわかっているかどうかを判断するひとつの基準として挙げられるのが、確認テストや修了判定テスト。これらがSSになっていない時点で、受講内容が頭に入っているとは言えません

映像を見ただけでは時間の消費でしかないです。やるべきことは、授業内容を身につけて、時間を得点に変えること。そのために1.知識のインプットです。

 

2.不合格の要素を消しきる

今、考えてみてください。

・高マスを最後までやっている人

・高マスを途中までしかやっていない人

 

どちらの方が受からなそうか?

これはもちろん後者が受からないだろう。

 

もう1問いきます。

・今から1日15時間、自分の持てる時間の限りを尽くして勉強している人

・今はまだ1年前だから朝起きてのんびりしてから勉強を始めて、いい感じに疲れたら帰って寝る人

 

どちらの方が受からなそうか?

これももちろん後者が受からないだろう。

 

では、最後に1問。

 

今、自分がやっている行動は、受かりそうな人なのか?

 

この問題は常に考えてください。みんなは大学に受かりたいんだろ?そしたら受かるような行動をしていないとおかしいよね。

 

・「どこどこ大学なんとか学部に受かりたいです!でもまだ全身全霊、マジ本気の勉強はしてないです。」

・「どこどこ大学なんとか学部に受かりたいです!だからずっとずっと勉強を第1優先にして全力で努力しています。」

前者か後者、どっちになるかは自分の行動次第だよ。気持ちだけじゃ受からない。気持ちを行動で示していくこと。受かるために、2.不合格の要素を消しきる。つまり受かる行動をし始めて、し続けろ。ってこと

 

 

まとめ

1.知識のインプット

修判SSとれなきゃだめ

 

2.不合格の要素を消しきる

受かる行動をし続けろ

自分の目標のために、全力を尽くすぞ!