集中力UP☆ | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2014年 8月 20日 集中力UP☆

こんにちは、岩佐です!

今日も5時起き!!最近は勤務が入っていない日でも1度5時頃に目が覚めます。

生徒とともに早起き習慣が身についてきました(笑)

最近よく校舎で聞くのが「集中力を維持できない」という声。

長時間勉強していると一度はボーっとしたり、他のことを考えてしまう時間があるみたいです。また、東進にいる間は集中して勉強できても、家で勉強しようとするとやる気が出ず、結局何もしないまま寝てしまうというのもよく聞きますね。

しかしそういった時間が増えれば増えるほど志望校合格から遠ざかってしまいます。

「気合いが足りない!!!」

の一言で片づけるのは簡単ですが、そんなことを言っても悩んでいる生徒たちにとってはあまり意味がありませんよね。

そこで、私なりに集中力アップの方法を調べてみました!!!

 

 

 

 

 

 

 

1.睡眠

体調管理は全ての土台!!お腹が痛かったり、頭痛がするような状態で勉強なんて絶対にできません。それだけでなく、昼間うとうとしたりボーっとするのを防ぐためにも睡眠はかなり重要です。

家に帰ったあとも勉強するのは当たり前ですが、睡眠時間は絶対に削らないで下さい!

それで昼間集中できなくなってしまっては本末転倒です。そうなるくらいなら早く寝て、早朝から元気に校舎で勉強して下さい!

2.環境

 周りに漫画やCD、DVD、PC、携帯電話など集中を妨げるようなものを置いたまま勉強していませんか?校舎では受付で携帯電話を預かっていますが、自宅でも勉強の邪魔になるものはなるべく視界に入れないようにしましょう。

「携帯をここに置いていたら自分はいじってしまうかもしれないな」という風に自分の性格や性質を考えて、ご両親に預けるなり、見えない場所にしまっておくのも良いと思います。

周りの環境に関係なく目の前のものに集中できるのが一番ですが、しっかりと自分と向き合い、冷静に判断することも必要です。

3.小さな成功の積み重ね

「家に帰ったらあれもやってこれもやって、そえからあれもやらなきゃ!!」と、校舎から帰るときはやる気まんまんで計画を立てますが実際にはその半分もできなくて「自分はもうダメだ…」と落ち込む生徒が多くいます。

そんなときはやるべきことを最小限にします。

何事も、まず始めることが大事です。やり始めれば夢中になり、やる気になるはずです。

そしてその集中力を持続するコツは細かく時間を区切り、短期間に成し遂げる経験を積み重ねること。ノルマが少なくなると何だか物足りなくなって、計画していたよりも多くのことをやり始めます。

センター模試4日前で焦るのも分かりますが、勉強の不安は勉強でしか解消出来ません。

一度冷静になって、自分の勉強スタイルを見直しましょう!