音楽のちから | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2014年 9月 24日 音楽のちから

こんにちは、徐々に大学生も夏休みが明けて、いつもの日常へと戻っていっています。

私はまだ30日まで夏休みなんですけどね(笑) 竹中です。今日もよろしくお願いします。

それにしても今年の夏休み、つまり大学生の夏休みは非常に長かったのでいろいろなことを自分のためにしてあげられました。

夏休みの事はまた今度書きますね。

 

今日は「音楽のちから」についてお話ししたいと思います。

power of music というやつですわ。はい。

みんなも正直言って音楽からなにか、やる気や元気をもらったりするんじゃないんですか??

実際人間が音楽からもらえるちから、影響はすさまじいものがあります。

例えば、スポーツ選手ならば、本番の高まる緊張を抑えるために練習時にいつも聞いている音楽を聴いて平常心を保つことがあったりします。

さらに、周りの雑音をシャットアウトできることから、集中力を高めることが出来たりもします。

 

担任助手でも音楽を、この瞬間に聞くということがあったそうです。

伊藤担任助手は、高校のマーチングバンド部で演技本番の直前はゆずアゲイン2という曲を必ず聞いて自分を奮い立たせていたそうです。

私自身もセンター本番や、二次試験の本番の本当に直前(問題配布の5分前)にはMr.children終わりなき旅を必ず聞いていました。

それは終わりなきの旅の歌詞の一部に、「高ければ高い壁のほうが上った時気持ちいいもんな、まだ限界だなんて認めちゃいないぜ」という部分があって、その部分に本当に奮い立つというか、「よしゃ!!!やったるでホンマに!!!」という気分になるんですね。

ちなみに私は中三の夏休みに高校受験の疲れなどで、精神的に極致に達していて、ゆずの栄光の架け橋でボロ泣きしました(笑)

 

とにかく音楽ってすごいんですね。なんかお粗末になってしまいましたが、皆さんのアガル曲や、落ち着く曲など、生徒ファイルなどでもいいですから、教えてください!!(ネタ切れの人にはお勧め!!!)

 

次回は「ビッグマウス」について書きたいと思います^^