高校の勉強→大学の勉強 | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2014年 6月 25日 高校の勉強→大学の勉強

こんにちは!

本格的に暑くなってきて、早くも夏バテ気味の岩佐です。

皆さん暑さに負けず、毎日集中して勉強できていますか?

せっかく頑張って勉強していても、「こんな勉強何の役に立つんだ!!」と途中で投げ出したくなってしまうことはありませんか?

受験勉強はちゃんと役に立つんですよ!

それは私自身、大学生になってから毎日のように実感していることです。

まず、大学では高校までの授業以上に自分で考える力や、その考えを人に伝える力が求められます。

つまり、アウトプットする力が必要になってくるんです!

例えば、私の通う明治学院大学国際学部では英語のスピーチやプレゼンテーションの原稿を自分で作成して授業で発表するという課題がよく出されます。

その課題を成し遂げるためには英単語・熟語の知識だけでなく、政治や歴史、科学など幅広い知識が必要です。

知識の量が多ければ、内容の質も上がります。

社会人になってからは特に、そのとき自分が持っている知識を活用して意見を伝えなければならない場面が増えるはずです。

その内容によって、あなたに対する評価が決まってしまうのです。

それは理系・文系関係ありません。

今皆さんが学んでいることは間違いなく、輝かしい未来に繋がっていますよ!