自分の就活状況【三重野】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2021年 10月 17日 自分の就活状況【三重野】

こんにちは。三重野です。

秋っぽくなってきましたね。

体調管理にはお気をつけください!

今日のテーマは就活の進捗です。

高校生の皆さんには聞き慣れない話だと

思いますが、

私がどのような志を持って

就活を行っているのかをお話しします。

私の志はずばり

「空間やデザインを通して、人々にリアルな感動体験を与えたい」

です!

この志になった理由は2つあります。

①時間を忘れて自分が打ち込んでいるもの

②幼い頃から自然と取り組んでいるもの

ゼミの教授には、

「幼い頃の経験や時間を忘れて打ち込めるものが

あなたの本当にやりたいこと」

と仰っていただいたことから考えました。

①時間を忘れて打ち込んでいるもの

私は宝塚を観劇することが何よりも好きです。

自宅では、3時間ぐらいぶっ通しで

宝塚の曲を流したり歌ったりすることも…笑。

今はライブ配信もありますが、私は

生観劇に拘っています。

テレビドラマ等にはないアドリブや、

その日唯一の演者の表情を

感じたり、予測不可能なアクシデント

など全てひっくるめてリアルに

体感することができるからです。

また小中高校時代、学習発表会や

合唱コンクールなど

クラス全員で何かをやり遂げる

時間が大好きでした。

宝塚を通して

リアル空間だからこそ

味わえる感動。

クラス行事などを通じて

自分が他者に感動を与えること。

それこそが自分が実現したいものであると

感じました。

②幼い頃から自然と取り組んでいるもの

保育園の頃は常に女の子のイラストを

描いていました。

小学生の夏休みには5つの

絵画コンクールに応募し、

表彰されました。

さらに文化祭などのイベントの冊子

の表紙を任されるなど

絵画やデザインは今でも

継続して取り組んでいることです。

これらのことから、指示がなくても

自ら進んで取り組むものは

絵を描くことやデザインを

することだとわかりました。

私はこの志を実現するために

インターンシップに参加したり

企業説明会へ足を運んだりしています。

業界は空間ディスプレイからエンタメ業界

が中心です。

しかし「感動」は1つの定義として

まとめることはできません。

感動が持つ様々な可能性

に出会うために他の業界への

アプローチも進めていく予定です!

これからも志実現のため頑張っていきます。

私と同じような事が好きな方、

興味をお持ちの方は是非話しかけてください!