ブログ

2013年 10月 6日 

こんにちは!

いやー、涼しくなってきましたねー。

運動欲よりも食欲の方が俄然強いです( ̄m ̄〃)ハハハ

 

ということで、今日は過去問の復習について少しお話しまーす。

「復習」と聞くと、多くの人が、“間違った問題をひたすらやり直して、今度は正しいプロセス・考え方で解けるように勉強すること”だと考えますよね。

正解です!

ただ、それだけではダメなんです…!

上記に加えて、以下の2点も意識して下さい。

 

①間違った問題をピンポイントで復習しない

→入試本番で同じ問題がそのまま出てくる可能性は低いです。間違えた問題の関連事項・類似問題・対称問題なども必ず復習して下さい。そうしないと、知識の確認や解法の確認は十分ではありません。

 

②正解した問題も復習する

→間違えた問題だけ復習する人が結構います。でも、「2択まで絞れたんだけどなー」「まぁ、③にマークしておこ」っていう時ありますよね?その問題は、もし正解したとしても知識や理解はあやふやなままです。そのままでは、入試本番でのケアレスミスにつながりますよ。正解したけど、ちょっとでも怪しいものは必ず復習しましょう。

 

“過去問をどうやって活用できるか”は第一志望校合格のための大きなテーマです。その中でも、復習方法は特に大事です。

しっかり力をつけていけるよう、細かいところまで意識して、勉強法を確立して下さいね!!

 

では。