校舎の様子 | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール蒲田校 校舎長 下畠 隆志

こんにちは!東進ハイスクール蒲田校、校舎長の下畠 隆志(しもはた たかし)と申します。東進ハイスクールでは、「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」という教育目標を掲げ生徒指導に取り組んでおります。長く、厳しい大学受験において、原動力となるのは、「夢・志」です。東進ハイスクール蒲田校では、将来社会・世界に貢献していく人財を輩出すべく、夢を見つけ、夢を育み、志に昇華させる指導を実施しております。将来振り返った時に、「人生に本気で向き合ったあの大学受験が自分の原点だった」と思えるように全力で受験勉強に取り組んでいきましょう!そのためにスタッフ一同、全身全霊で指導させて頂きます。

 

校舎の様子校舎の様子校舎の様子

担任助手の紹介

荒尾 奈那 さん 上智大学 文学部
田園調布雙葉高等学校 卒 写真部 東進ハイスクール蒲田校 OG
担任助手として一言
大学受験は、今後の人生を決める大切なものです。大変だからこそ乗り越えられればあなたにとって大きな自信となるはずです。皆さんの第一志望の合格だけでなく、将来の目標を達成する手助けが出来るよう精一杯頑張ります!
伊藤 桂心 くん 慶應義塾大学 文学部
大崎高等学校 卒 東進ハイスクール蒲田校 OB
担任助手として一言
みなさんこんにちは!蒲田校担任助手2年生の伊藤です!
突然ですが、みなさん行きたい大学はありますか?
自分が尊敬するエンターテイナーは「『〇〇したい!』って時は必ず《でも☓☓》がついてくる。それは仕方がない。なのにみんな《でも☓☓》をあまりにも気にし過ぎる。《でも☓☓》を気にし過ぎると、『◯◯したい!』は何もできない。そんな時はシンプルに天秤にかけてみればいいと思う。《☓☓でも、◯◯したい』って思えることは必ずやるべき。」といっていました。
受験生活はとても辛いです。ですが、私達担任助手がしっかりとサポートするので、一緒に合格を勝ち取りましょう。
小川 莉奈 さん 東京農工大学 工学部
田園調布学園高等部 卒 軽音楽部 東進ハイスクール蒲田校 OG
担任助手として一言
受験は勉強に追われたり、単に知識を増やしたりするだけではありません。私は、大学受験は自分の夢や目標を再確認できる良い機会だと思っています。大学を調べたり実際に見学に行ったりする、志望校を決める、その一つ一つが将来どんな職業に就けるかを左右する要因となっていきます。生徒から担任助手という立場に変わりましたが、自分や周りの友達の経験や体験をフィードバック出来るよう、一所懸命努めてまいりますので宜しくお願い致します。

→もっと見る

神山 拓未 くん 明治大学 理工学部
攻玉社高等学校 卒 サッカー部 東進ハイスクール蒲田校 OB
担任助手として一言
はっきり言います。受験生活はとても辛いものです。(受験生活をしていた頃の自分の取り組みは、今となっては尊敬できるほどです(笑))。でもそんな受験生活が終わった時いい思い出になっているように全力でサポートしていきます!一緒に頑張りましょう!
佐久間 義亘 くん 東京都市大学 工学部
広尾高等学校 卒 野球部 東進ハイスクール蒲田校 OB
担任助手として一言
生徒として蒲田校に通い、日々担任助手のみなさんと接する中で、自分自身も蒲田校の力になりたいという思いが強くなりました。
受験勉強を通して自分自身が得たものを生徒に伝えていければと思います。生徒とは高々1,2歳の差です。あくまで自分の経験の中からしか指導することはできませんが、自分自身も生徒と共に考え、悩み、お互いに成長していきます。
妥協はしません。本当の意味で人のためになるとはどういうことか。日々考えながら生徒と接していきます。
勉強だけではなく、様々な面からサポートしていければと思います。よろしくお願いします。
佐藤 巧 くん 東京工業大学 工学院
白鴎高等学校 卒 硬式テニス部 東進ハイスクール蒲田校 OB
担任助手として一言
受験勉強で大切なことは最後まで諦めないことだと思っています。途中つらいこともあるかもしれませんが、それを乗り越えてこその成長があります。そして必ず、受験勉強してきた過程が今後の自信に繋がります。みなさんが受験勉強を通して成長できるようサポートしていくのでよろしくお願いします!
鈴木 碧 くん 明治大学 商学部
三田高等学校 卒 ソフトテニス部 東進ハイスクール蒲田校 OB
担任助手として一言
受験期は人生の中で1番辛いと言っても過言ではない期間だと思います。辛いと思った時に支えていくのが担任助手です!自分たちが全力でサポートしていくので共に頑張りましょう!
重本 果南 さん 専修大学 商学部
品川女子学院高等部 卒 ダンス部 東進ハイスクール蒲田校 OG
担任助手として一言
受験生活は、一見長いように思えますが、あっという間に終わってしまうものです。今皆さんがしている勉強は、これから生きていく中で、役に立つときが必ず訪れます。決して無駄になることはありません。大学受験突破のため、将来のため、この東進ハイスクール蒲田校で私達と一緒に頑張りましょう。精一杯サポートさせていただきますので、宜しくお願い致します。
田川 万裕 さん 上智大学 外国語学部
三田高等学校 卒 競技かるた部 東進ハイスクール蒲田校 OG
担任助手として一言
みなさん、受験勉強をどのように感じていますか?わたしは勉強は楽しんだもの勝ちだと思います。自分の将来のため、夢のために努力することはとても大変なことだと思います。しかし、それを辛いと思うのではなく楽しいと思えたら良いと思いませんか?みなさんの受験勉強をわたしも全力でサポートさせて頂きますので、一緒に頑張っていきましょう!
錦 明日美 さん 東京女子大学 現代教養学部
神奈川大学附属高等学校 卒 陸上部(マネージャー) 東進ハイスクール蒲田校 OG
担任助手として一言
大学受験を通して、本当に様々なことを学びました。嬉しかったこと以上に苦しかったこと、辛かったことの多い一年間でした。そんな一年間を乗り越えられたのは、蒲田校に毎日通い多くの担任助手と話をして、たくさんの励ましやアドバイスを頂いたからだと思っています。今年度は担任助手として生徒の皆さんのサポートが出来るよう精一杯頑張りますので宜しくお願い致します。
後出 佑弥 くん 明治大学 商学部
高輪高等学校 卒 ダーツ部 東進ハイスクール蒲田校 OB
担任助手として一言
大学受験をするってものすごく辛くないですか?僕も大学受験を経験して、ほぼ全てと言っていいくらい辛い記憶しか残っていません。勉強をしたり、模試を受けたりする過程でこれでもか!と言うくらいにメンタルを削られます。それでも!!大学受験をすると決めたからには最後まで諦めないでほしいです。最後まで諦めずに努力を続ける事ができれば納得できる成果を得ることができると信じています。辛くなった時、なにか相談したい時いつでも担任助手に話しかけてください。自分たちの成功談や、失敗談などを参考にして全力でサポートしていきます。
長谷川 拓真 くん 明治大学 情報コミュニケーション学部
つばさ総合高等学校 卒 軽音楽部 東進ハイスクール蒲田校 OB
担任助手として一言
皆さんにとって受験勉強とはなんですか?もちろん行きたい大学へ合格するための手段として勉強していると思います。僕は大学受験は大学に合格することだけを目標にせず、自分を成長させる数少ない機会として考え勉強しました。受験勉強で経験したことはすべてこれから何かに挑戦するごとに大きな心の支えになってくれると思います。僕自身もみなさんと一緒に精一杯考えてサポート出来るように頑張りますのでよろしくお願いします!
橋本 光輝 くん 上智大学 法学部
田園調布高等学校 卒 東進ハイスクール蒲田校 OB
担任助手として一言
受験というものには、性格が良く表れます。なんだかやる気が起きない、長時間集中が続かない、不安で勉強が手につかない。全て性格であり、全く悪いことではありません。しかし、そういったみなさんのモチベーションの低下や、漠然とした不安に向き合って、みなさんを少しでも合格に近づける事が、私達担任助手の責務です。何か少しでも、不安や困ったことがあったらいつでも私達に言いに来て下さい。全力でサポートします。受験勉強、一緒に頑張っていきましょう。
三重野 結香 さん 駒澤大学 グローバル・メディア・スタディーズ学部
駒澤大学高等学校 卒 バドミントン部 東進ハイスクール蒲田校 OG
担任助手として一言
私にとって受験は、自分を大きく成長させるものです。嬉しいことも悲しいことも全てひっくるめて今後の人生に役立つ期間だと思っています。憧れの担任助手になることができたので、精一杯に生徒のサポートを努めていきます。生徒の人生の片棒を担ぐことに責任を持ってこれから精進していきたいと思います。

校舎イベント紹介

特別公開授業

特別公開授業

年に3回ほど、東進の実力講師が実際に校舎で授業を行います。インパクトが強く、分かりやすい授業の中で、勉強方法についての話や先生の経験談、社会の現状などの興味深い話も聞くことができます。 この授業は実際に先生と触れ合う数少ない機会なので、生徒のモチベーションが上がり、受験勉強へ突き進む力となるイベントとなっています。

塾内合宿

塾内合宿

年に4〜5回、校舎で長時間みっちりと英語の基礎学力(単語・熟語・文法)を高めるイベントです。校舎の仲間と共に頑張ることで、結束力や競争心を高めたり、ディスカッションをして共に考える機会としています。 また、スタッフからは受験生の時の体験談や現在大学で学んでいることを話しています。 短期間で一気に終わらせることは、脳科学的にも効果が確認できているので、生徒の参加人数も多いです。

合格報告会

合格報告会

3月にはその年に合格した生徒から後輩へ合格体験談を話してもらいます。東進でどんな勉強をしてきたのか、受験期に辛かったことをどう乗り越えたのか、新受験生がこれから抱く悩み・不安に解決のヒントを聞くことができる機会です。 また、質疑応答も受けていて、勉強方法の細かい部分から勉強とは関係ない話まで話してくれるイベントです。