合格体験記 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都

現役合格おめでとう!!
2022年蒲田校 合格者の声(3月31日更新)

明治大学
農学部

萩原 旺大 くん

(青稜高等学校)

2022年度年 現役合格
農学部
受験が終わって2週間経って、今はとても気楽で大学が楽しみです。僕が東進に入ったのは高2の7月ぐらいでした。部活は高3の7月までやっていて、部長でした。僕は東進に入ってからすぐに勉強に集中していたわけではないです。高速マスター基礎力養成講座の英単語すらあまりやっておらず、受講もあまりしないで、高3になりました。3月になっても結構遊んでいて、受講を終わらせるという校舎の目標も全く達成できない状況でした。勿論、6月の共通テスト本番レベル模試までは英語は5割にも届かなかったです。 しかし、夏休みに入ると過去問演習講座大学入学共通テスト対策が始まり、練習を重ねることで、8月の模試ではリーディング・リスニングも上がり、6割5分まで上がりました。その後の11月、12月模試では7割とることが出来ました。このように点数を上げることが出来た一番の要因は、高速マスター基礎力養成講座の英単語・英熟語のおかげだと思います。 僕は受験科目で英数国を使いましたが、英語が一番、過程が明確だったと思います。国語と数学は何をやったから点数が上がったというのはあまり分かりません。おそらく国語は林先生の私大トレーニング、数学は大問別演習が役に立ったと思います。僕の東進のおすすめの講座は、林先生の私大現代文トレーニング、今井宏先生のB組です。林先生の私大現代文トレーニングは、選択肢の選び方や見極め方を丁寧に説明してくれます。また、話がとても面白く聞いていて飽きないです。今井宏先生のB組は左から右への訳をするので、慣れれば共通テストレベルであれば簡単に読めるようになります。またこの先生も話が面白く、休憩の入れ方が上手なので気軽に見ることが出来ます。 僕が主に受験していた模試は、共通テスト本番レベル模試です。夏以降はほとんどの東進生が対策しているので、高いレベルで争うことが出来るのでとても良い模試だと思います。担任指導では、受講の計画や過去問の流れ、進捗などの確認をしました。もちろん、普通の会話もしていたのですが、結構面談は楽しかった思い出があります。僕は話すのが好きなので、担任助手の方との距離が近くて、勉強の休憩時間によく話してました。僕にとってはとても有意義な時間だったと思います。 僕は受験に対して、普通の人とは違った感覚で向き合っていたと思います。多くの人はおそらく、身構えて最初からエンジン全開でやっていたり、これを何月までに終わらせてなどある程度の1年間の計画を立てたり焦って勉強したりしてたと思います。しかし、僕は受験はいずれ来るものだと思っていたので、あまり焦ることなく勉強していました。特にこの日にこれをやるとかを決めていたこともなく、自分が思いついたことをやり、その後足りないなと思った科目・分野を補充するための勉強をしていました。そのため、過去問を1周したあとは12月まで1年分を通しでやるということはあまりなかったです。 また、復習をするということも少なかったです。復習をしていなかったわけではないですが、毎回解説を見て、「ふーん、そうなんだ」という感覚で11月までは終わらせていました。なぜなら、完璧に復習をして次解けるのは当たり前だからです。次に全く同じ問題が出るのであれば、完璧に復習をすることが大事だと思いますが、受験で出てくる問題はほとんどがそうではないです。なので僕はその場の理解だけで終わらせていました。また、復習を完璧にしようと思って、深く追い求めてしまうと、全く進まないと思ったので、その場の理解だけにして「いずれ解けるだろう」と思って勉強していました。 僕はよく楽観的と言われました。確かに、受験が終わるまでに勉強で落ち込んだことはほとんどなかったと思います。模試が悪くても「本番じゃないし」と思ったり、判定がEでも「所詮、模試だし」って思いながら過ごしていました。学校の面談でも全落ち浪人を心配されて、よくわからない大学のリストを渡されたりしましたが、模試の判定も点数もまったく気にしていなかったので、最後まで志望校を変えることなく受験を終えることが出来ました。受験が始まって合否が出ても行く気のないところや対策をあまりしていなかったところの不合格は全く気にしていませんでした。また一つ行きたいとこが合格になったので、その後の試験が気楽でした。 僕は結局農学部に行くことになりました。食品系の会社でも英語が必要だったので、大学に入ったらTOEICの勉強をしようと思います。目指せ900点!そして、大学に入ってからもコミュニケーション能力を生かして、人間関係を大切にし、就活を早めの時期から準備し、大手企業に入って、日本の社会に貢献できるような人になりたいと思います。

明治大学
情報コミュニケーション学部

荒尾 愛美 さん

(雪谷高等学校)

2022年度年 現役合格
情報コミュニケーション学部
2年間の東進で過ごした日々を振り返ると「楽しかった」の一言です。受験勉強自体、あまり嫌ではありませんでした。 私は将来音楽関係やサブカルチャーなどの仕事に就きたいというのと語学力をつけたいという目標があり、それを叶えるためには大学受験は避けて通れない道だと考え、何より受験勉強は一番自分のために時間を割くことができると感じていました。 そうは言っても、もちろん成績が伸びないなどの苦しい時期もありました。しかし、そんなときは担任助手の方と計画を見直したり、勉強の優先順位をつけたり、また東進で一緒に勉強している友達の姿に鼓舞されて、苦しい時期も乗り越えられたと思います。自分の現状を客観的に整理してくれる人の存在と一緒に頑張る仲間の存在は、私にとってとても大きかったです。 そんな私が受験勉強で意識していたことは、「言い訳をしないこと」「時間を守ること」「一度間違えた問題は二度とまちがえないこと」の3つです。現役生はとにかく時間が限られています。しかしそれは現役生の全員が同じです。「一番忙しい人間が、たくさんの時間を持つ」という言葉があります。できる人は忙しくても隙間時間を見逃しません。常に今、何の勉強ができるか考えてください。 時間管理の面では就寝起床時間など生活リズムの確立、勉強面でもルーティンを決めておくのはオススメです。また前にも言った通り現役生はとにかく時間が限られているので、間違えた問題はすぐに復習してください。同じようなミスを繰り返している暇はありません。私は裏紙に書いて持ち歩いたり、間違えたところは参考書に赤で印をつけるようにしていました。現役生はとにかく効率が重要です。自分の勉強が効率的かどうか今一度立ち止まって、振り返ってみてください。 最後に、こんなに自分のために時間を使えることはこの先あまりないと思います。全力で自分と志望校と向き合い、そうして得るものはたくさんあります。つらいこともたくさんあると思いますが、逃げずに最後まで走り切って下さい。応援しています。

慶應義塾大学
薬学部

山本 翔海 くん

(青稜高等学校)

2022年度年 現役合格
薬学部
僕は高2の秋頃から東進に通い始めました。受験に対して漠然とした不安を感じて、東進の全国統一高校生テストを受けたのがきっかけで入学しました。それからほぼ毎日東進に来て、閉館ギリギリまで東進の様々なコンテンツを利用し、今までにないほど頑張って勉強に取り組みました。 受験を終えて、僕は後悔のないようにやり切れたと思います。共通テスト同日体験受験から本番の共通テストまで2ヶ月間隔で共通テスト本番レベル模試を受験して行く中で、少しづつ点を取れるようになっていきました。特に英語や数学は高速マスター基礎力養成講座を使って演習することで、最初は約5割ほどだった点が本番直前では8割から9割近くまで取れるようになりました。最初の頃は中々思うように点数が伸びなかったですが、諦めずに知識のインプットとアウトプットを繰り返していくうちに、気づくと初めに比べてはるかに良くなったと思います。 二次試験対策では志望校別単元ジャンル演習講座や第一志望校対策演習講座を使って問題演習を重ねました。沢山の量に加えて1問1問深く考えることで、質の部分も意識して取り組みました。志望校よりもレベルの高い学校の問題も含まれていて、解けるようになることで自信を持つことができました。記述問題の採点は、よくできている部分は誉めてくれたり、自分の改善すべき点をわかりやすく指摘してくれたりするのでやる気アップにも繋がり、実力もついたと思います。 将来は薬の研究や開発だったり薬剤師のような薬関係の仕事に就きたいと思っています。そのためにまずは薬剤師の国家資格の取得を目指しています。

慶應義塾大学
経済学部

登坂 翠 さん

(桜蔭高等学校)

2022年度年 現役合格
経済学部
私が東進に入ったのは高2の2月で、勉強する場所を確保することが理由でした。英語と数学はある程度勉強していましたが、本格的に受験勉強に取り組み始めたのはちょうどこのころでした。 最初のころはなかなか成績が上がらず、模試でも悪い判定ばかり出していました。でも、同じチームミーティングの仲間や担任助手の方々の励ましもあり、夏前から共通テスト本番レベル模試の成績が伸びてきて、自分の志望校に挑戦する決意が出来ました。そのころから第一志望校の過去問にも取り組み始めました。 始めたばかりの時はあまり点数が伸びず、何度も諦めかけましたが、たくさん演習・復習を繰り返せばいつか出来るようになる、と自分に言い聞かせて頑張りました。直前期に特に役に立ったのは、志望校別単元ジャンル演習講座です。点数が伸ばしやすい過去問を分野別に演習することができ、また添削制度も利用できたので、効率よく問題演習ができました。 私は、受験において大切なことは自分のメンタルをコントロールすること・自分の弱点に徹底的に向き合うことだと思います。これからの受験生には、模試で思うような結果が出なくてもそれを引きずらずに勉強に集中すること・苦手分野がある場合は早いうちに対策して入試本番には何も不安がない状態にすることを心掛けてほしいです。 また、受験期には周りの人からのサポートもたくさん受けます。私が受験期を乗り越えられたのは、チームミーティングでできた友達や同じ目標を持つ仲間、担任助手の方々、そして家族の存在があったからだと思います。そのような周りの人々にも頼ってみてください。 最後に、私は将来アナウンサーになることが夢です。難しい夢ではあるけれども、夢が叶えられるように大学生になってからより一層勉強やその他の活動も頑張りたいと思います。

法政大学
スポーツ健康学部

金子 悠理 くん

(住吉高等学校)

2022年度年 現役合格
スポーツ健康学部
東進では自分の受験科目を徹底して毎日欠かさず行いました。僕は先を読み予定を立てることが苦手で考えても分からなことが多くありました。それでも明確に勉強せざるを得ない状況なので自分の持てるもので、自分の骨が覚えるように勉強しました。 耐えられない時期は必ず来ると思います。そんな時には自分が何のために勉強しているのかを考えます。そこには確実な理由があるとなんでも耐えられると思います。なんだっていいんです、確固たる理由を一個必ず持ってください。こんな環境で勉強しかしない時期はもう先にはないです。余すことなくたいらげましょう! 東進のコンテンツで一番いいのは志望校別単元ジャンル演習講座です。AIを活用した問題集の量はかなりのもので骨に覚えさせるにはもってこいでした。もちろん授業や高速マスター基礎力養成講座が基礎にありますが、それを終えた後の最後に一押しとして十分すぎる、ずっとやってられる神アイテムでした。 僕にとっての校舎は幸せな環境で勉強しかしなくていい最高の場所でした。担任助手の方をはじめとした東進の先生方に支えられ、勉強以外の迷いは全くなく走り続けることができました。周囲の人はあなたを支えてくれる人しかいないと思います。受験中感謝の気持ちを忘れずに自分に正直に向き合ってほしいです。 大学受験は人生の分岐点であり、皆様個人の口にした言葉は必ずまわりまわって自分に返ってきます。何をすればいいか、自分の大学は本当にここでいいのかを受験の最後まで突き詰め続けてほしいです。大学VS自分の戦いに周りは関係ないです。東進の最高の環境で皆さんはどうすごしますか?

校舎情報

蒲田校

蒲田校
地図
大田区蒲田5-40-3
TT蒲田駅前ビル7F ( 地図 )

電話番号0120-265-104
(または03-5713-1455)