校舎の様子 | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール蒲田校 校舎長 下畠 隆志

こんにちは!東進ハイスクール蒲田校、校舎長の下畠 隆志(しもはた たかし)と申します。東進ハイスクールでは、「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」という教育目標を掲げ生徒指導に取り組んでおります。長く、厳しい大学受験において、原動力となるのは、「夢・志」です。東進ハイスクール蒲田校では、将来社会・世界に貢献していく人財を輩出すべく、夢を見つけ、夢を育み、志に昇華させる指導を実施しております。将来振り返った時に、「人生に本気で向き合ったあの大学受験が自分の原点だった」と思えるように全力で受験勉強に取り組んでいきましょう!そのためにスタッフ一同、全身全霊で指導させて頂きます。

蒲田校はアットホームな雰囲気の中で、校舎のスローガンである「(1)思いやりをもつ (2)何でも一生懸命やる (3)けじめをつける」生徒を目指して、スタッフ一丸となって指導を行っています。 受付では挨拶はもちろん、学校のイベントや部活の様子など受験勉強以外の話も行いながらコミュニケーションをとり、生徒全員が授業に集中して臨めるように工夫をしています。 多くの時間を本番同様の集中力をもって学習できる環境を整え、生徒が全力で勉強していく校舎となっています。

校舎の様子校舎の様子校舎の様子

担任助手の紹介

當間 香鳴 さん 法政大学 経営学部
雪谷高等学校 卒 東進ハイスクール蒲田校 OG
担任助手として一言
受験勉強をどのように考えていますか?私はただ単に大学に行くために勉強する期間ではないと思います。将来の夢への過程のひとつだと考えています。おそらく1人ひとり明確な形でなくてもなりたい像を持っているのではないでしょうか。そのなりたい像に近づくための手助けができたら幸いです。全力でサポートするのでともに頑張りましょう!
山田 沙也可 さん 北里大学 看護学部 看護学科
文教大学付属高等学校 卒 卓球部 東進ハイスクール蒲田校 OG
担任助手として一言
受験は人生の分岐点です。今努力すればこれからも全てのことに一生懸命になれると思います。私はこの時期、先輩の担任助手の方々にたくさん支えてもらいました。その恩返しをしつつ、蒲田校の伝統を受け継いでみなさんの第一志望合格のために精一杯努めさせていただきます。
鈴木 碧 くん 明治大学 商学部
三田高等学校 卒 ソフトテニス部 東進ハイスクール蒲田校 OB
担任助手として一言
受験期は人生の中で1番辛いと言っても過言ではない期間だと思います。辛いと思った時に支えていくのが担任助手です!自分たちが全力でサポートしていくので共に頑張りましょう!

→もっと見る

橋場 浩志 くん 早稲田大学 法学部
都立目黒高校 卒 剣道部 東進ハイスクール蒲田校 OB
担任助手として一言
受験勉強の期間中はたくさんの辛いことがあると思います。それを乗りきらなければ合格はありません。僕たちは皆さんがそんな困難を乗り切れるよう全力でサポートしていきます。ですが、僕たちが全力でもみなさんが全力でなければ意味がありません。第一志望合格のため、そして将来の志の達成のために、これから二人三脚で頑張って行きましょう!!よろしくお願いします!
對馬 大樹 くん 慶應義塾大学 商学部
東京工業大学附属科学技術高等学校 卒 東進ハイスクール蒲田校 OB
担任助手として一言
みなさんは、将来どんなことをしたいと考えていますか。考え方は人によりまちまちだと思いますが、目指して欲しい方向性があります。それは、「独立自尊の社会・世界に貢献する人財になる」ということです。生徒のみなさんには、将来、世界でリーダーとして活躍してほしいのです。これを実現するために、まずは大学受験を乗り越える必要があります。私たちは、勉強面でのサポートはもちろん、みなさんに将来の夢・志を考えてもらう指導もしていきます。ぜひこれから一緒に頑張りましょう!
渡辺 日花里 さん 横浜市立大学 医学部 看護学科
田園調布学園高等部 卒 管弦楽部 東進ハイスクール蒲田校 OG
担任助手として一言
受験勉強は辛くて逃げ出したいと思うことがあるかもしれません。しかし、それは人生を左右させる大きなものです。人生で一度しかない大学受験。不安なことが多くあると思いますが、受験を経験してきた私たち担任助手一同が皆さんを第一志望校に合格できるように全力でサポートしていきます。受験という壁を乗り越えた後には必ず明るい景色が待っているはずです。皆さんが思い描いている夢・志に到達出来るよう、これから一緒に頑張っていきましょう!
太田 隼人 くん 青山学院大学 経営学部
雪谷高等学校 卒 ソフトテニス部 東進ハイスクール蒲田校 OB
担任助手として一言
受験期はただ勉強するだけでなく、将来について真剣に考え、自分自身と向き合う期間です。時にはつらくて逃げ出したくなるようなこともあるでしょう。そんな時は私たち担任助手を頼りにしてください。私自身、生徒時代は担任助手の方々にとても助けられました。今度は私が皆さんを全力でサポートしていく番です。いつも支えてくれる家族や大好きな友達、お世話になった先生方、そして担任助手の存在に気づいたあなたはもう、一人ではありません。受験は長く険しい道のりですが、夢に向かって共に駆け抜けていきましょう。
神山 拓未 くん 明治大学 理工学部
攻玉社高等学校 卒 サッカー部 東進ハイスクール蒲田校 OB
担任助手として一言
はっきり言います。受験生活はとても辛いものです。(受験生活をしていた頃の自分の取り組みは、今となっては尊敬できるほどです(笑))。でもそんな受験生活が終わった時いい思い出になっているように全力でサポートしていきます!一緒に頑張りましょう!
中谷 萌笑 さん 明治薬科大学 薬学部 
青稜高等学校 卒 ダンス部 東進ハイスクール蒲田校 OG
担任助手として一言
大学は自分の将来を簡単に変えてしまいます。そんな大事な事を決めるこの受験は精神面においてとても自分に応えると思います。人より精神的にきやすい私がこの受験を無事に終えることが出来た最大の理由は担任助手の心の面でのサポートが手厚かったことです。私は少しでも精神的にくるとすぐに相談して助けてもらっていました。なので次は私がみなさんを助けていきたいです。なにかあったらすぐに頼ってください!自分一人で抱えこむ事と誰かに聞いてもらう事とでは全く違います。一緒に乗り越えて受験を勝ち取りましょう!!
久永 ロバート 英雄 くん 慶應義塾大学 法学部
明治学院高等学校 卒 東進ハイスクール蒲田校 OB
担任助手として一言
勉強というのは、決して個人プレイではなくチームワークです。皆さんが今ここにいるのは、今まで多くの人にサポートされ続けてきたからです。それに気づく人の精神はとてつもなく強靭です。逆にそれに気づかないと勉強できる環境が当たり前となり、勉強のやる気をしばしば失います。確かに最終的には自分一人だけで本番の試験会場で試験問題を解くことになります。しかし周りの人に見守られ、愛されていると気づいたとき、人間が受験勉強を通して最も得るべきものを得るでしょう。

校舎イベント紹介

特別公開授業

特別公開授業

年に3回ほど、東進の実力講師が実際に校舎で授業を行います。インパクトが強く、分かりやすい授業の中で、勉強方法についての話や先生の経験談、社会の現状などの興味深い話も聞くことができます。 この授業は実際に先生と触れ合う数少ない機会なので、生徒のモチベーションが上がり、受験勉強へ突き進む力となるイベントとなっています。

塾内合宿

塾内合宿

年に4〜5回、校舎で長時間みっちりと英語の基礎学力(単語・熟語・文法)を高めるイベントです。校舎の仲間と共に頑張ることで、結束力や競争心を高めたり、ディスカッションをして共に考える機会としています。 また、スタッフからは受験生の時の体験談や現在大学で学んでいることを話しています。 短期間で一気に終わらせることは、脳科学的にも効果が確認できているので、生徒の参加人数も多いです。

合格報告会

合格報告会

3月にはその年に合格した生徒から後輩へ合格体験談を話してもらいます。東進でどんな勉強をしてきたのか、受験期に辛かったことをどう乗り越えたのか、新受験生がこれから抱く悩み・不安に解決のヒントを聞くことができる機会です。 また、質疑応答も受けていて、勉強方法の細かい部分から勉強とは関係ない話まで話してくれるイベントです。