夏休みで点数が伸びた要因【三瓶】 | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2020年 8月 10日  夏休みで点数が伸びた要因【三瓶】

こんにちは。三瓶桜子です。

あっという間に梅雨が明け暑い日が続いていますがどうお過ごしでしょうか。

私は、大学の授業が後一週間となり

レポートラッシュで毎日パソコンと向き合っています。

 

さて今日は、私が夏で点数を伸ばすことができた要因について

お話ししたいと思います。

まず、夏が基礎固めに使える最後の時間だということ、

過去問演習に余裕を持って取り組めるチャンス

であることは

絶対に念頭に置いて夏を過ごしてください。

その上で、私が夏にやっていたことを紹介します。

東進生の皆さんは校舎で何度も言われていると思いますが

受講高マス過去問です。

受講

受講については8月の時点で終えていました。

よって、苦手な範囲を復習することに時間を使いました。

今まで、7月末受講修了と言われていたのは基礎固めをするのに

最も重要な受講の復習までしっかりやるためです。

未SSのままで放置している受講はもちろんないですよね!

高マス

上級英単語まで徹底復習しました。

1度合格したきりでいると頑張ってクリアしてきた高マスが水の泡です。

「そんなことない」

と思った人は今すぐ1800をやってみましょう!

満点取れましたか?

1日300回なんて受験生の皆さんはすぐできるはずです。

ルーティーンにしてしまいましょう!

過去問演習

そろそろ2次私大にほとんどの人が取り組み始めています!

短くなってしまったと言えど、

夏休みが時間をかけて過去問に取り組めるチャンスです。

もちろん夏休み後も過去問演習は続けていきますが、

夏休みほど復習に時間は使えません。

少なくとも、

夏休みに共通テスト10年分、第一志望校10年分

解き終えて問題慣れしましょう。

はじめは、解けなかったり時間がかかったり落ち込むことが多いかもしれません。

でも10年分解き終えたときの自分を信じて解いてください。

意味がないなんてことは絶対にありません。

 

最後に、夏に使う参考書についてです。

周りの人が使っていたり、自分の持っている参考書で大丈夫なのか不安になり

新しいものに手を出したくなると思います。

しかし、あれもこれもと増やしてしまうと手が回らなくなってしまいます。

逆に、時間の無駄になってしまうのです!

今やっている参考書をこの夏で完璧にすることを目指しましょう!

 

 

明日は椎葉担任助手です。お楽しみに!

現在夏期特別特別招待講習を実施しています。気になる方は下のリンクから!