上智大学の魅力【加藤】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2021年 6月 14日 上智大学の魅力【加藤】

みなさん、こんにちは!

 

最近、自分のパソコンの変換機能が絶不調な加藤です。

いらないところでたくさん変換されるので、参考文献の引用などの時に困っています。

どなたかMacに詳しい方!!教えてください。(切実)

 

今日のブログテーマは「上智大学の魅力」

今回紹介するのは3つです!

 

魅力その1

キャンパスが駅からすごく近い!!

 

上智大学はJRと東京メトロ四ツ谷駅から、大学の敷地が見えます。

駅を出てすぐの信号を渡ると、校門にたどり着きます。

徒歩1分ほどでしょうか。

これでも中高よりは歩く時間が増えたのですが…

私は中高大と駅近の運に恵まれているようです。笑

 

魅力その2

ワンキャンパス

上智大学の学生全体の数は1万人ちょっとと、他の総合大学と比較するとなんだか人数が少ないように感じる方がいるかもしれません。

しかし、実際に通ってみるとだいぶ体感が異なると思います。

1万人しかいないとはいえ、全学部の学生がずっと四谷キャンパスに通うので(看護学科の実習時除く)、思っていたより人が多いなと感じています。

総合大学ではかなり珍しいワンキャンパスなので、他学部他学科の人ともたくさん交流が出来るのも良い所です。

ちなみに佐竹担任助手も上智大学に通っていますが、なぜか学校で一度も遭遇したことがありません笑

 

魅力その3

学校全体の雰囲気がアットホーム

教授が聖母のように優しいです。大学か疑うレベルで学生の扱いが丁寧です。

稀にレポートとF評価(=落単。つまり単位として認めてくれない)をたくさん出してくる鬼教授もいますが…

上智大学には「ヘルパー制度」というものがあり、入学してすぐに上級生数人の有志によるヘルパーが、新入生に対して学科ごとのオリエンテーションを開催してくれます。(コロナ前は宿泊ありのオリエンテーションキャンプだったそうです)

そこでは、履修登録に関する質問、将来の学科に関する資格取得の相談、趣味などの楽しい話まで、学科全員が仲良くなれるイベントが全学科あります。

そのため、急に大学という新たな環境へ飛び出すことへの不安は軽減されます。

新入生にとっては、かなり心強い制度です!!

 

その他にも伝えきれなかった魅力はたくさんあります…

もし機会がございましたら、オープンキャンパス(ちょうど一昨日と昨日開催でした)やソフィア祭などで実際の大学の雰囲気をぜひ感じに来てください!
その他知りたいことがあれば私に直接聞いてみてください!