共通テストの分析【石田】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 1月 20日 共通テストの分析【石田】

こんにちは!石田です。

みなさん、共通テストお疲れさまでした!!

受験生にとっては本番1発目ということで、相当緊張したと思います。

いつも通りの調子が出せなかった人もいると思います。

今年は本当に問題が難しく、僕も正直焦ってしまいました、、

ですが、そんな試練を乗り越え、本当によく頑張りました!

反省はここまでにして、切り替えていきましょう!

 

さて、学力POSの志望校判定は確認しましたか?

ドキドキしてまだ見れてない、、という人もいるかもしれませんが、

今日は判定結果の分析をしていこうと思います。

特に国立志望の皆さんにとっては、どの大学に出願するかの最終決定をする非常に重要な資料になります。

一概にこのやり方が正しい、ここを基準にしたら間違いないという正解はありません。

ですので、ここから書く内容もいち意見として読んでくれると嬉しいです。

特に伝えたいこととして、去年の平均や足切りラインに届かないから絶対無理とも限りません。

これまでの傾向を分析するのももちろん大事ですが、

今年は特に難化したとも噂されているので、

例年の傾向と異なっている可能性は高いのではないかと個人的に思っています。

速報で色々なメディアが報道していますが、

最新の情報を必ず複数調べて、東進での志望校判定や自分の成績としっかり見比べてみてください。

あとは、本当に目指している大学はどこか、もう一度自分に問いかけてみてください。

安全を狙いすぎて超消極的な出願をするのはもったいないかなと思います。

家族や担任助手とも相談して、後悔しない選択をしてほしいです。

少しのミスは二次試験や学部試験で挽回してやりましょう!

また私立大学の共通テスト利用に関しては、今からどうしようと結果は変わりません。

だからこそ一般試験で、残っているエネルギーを全て出し切りましょう!

 

さあ、一つ大山を越えて、残すは一般入試と国立二次試験です!

こうして受験に向かって努力する時間も残り少なくなってきました。

この残りの期間の使い方次第で、いくらでも結果は変わります!

共テ全てE判定でも慶應に合格できた僕が証明します!笑

ここまで頑張ってきた自分を信じて、

人生で一番頑張ったと胸を張って言えるくらい、

ラスト追い込んでいきましょう!!

最後の最後まで全力で応援してます!!