受験を通して学んだこと【兒玉】 | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2021年 5月 20日 受験を通して学んだこと【兒玉】

こんにちは、兒玉です。一人暮らし始めて一ヶ月ほど経ちましたが梅雨の洗濯物という難敵が迫ってきました。部屋干しするしかないのか、、、

えーと、本題に入ります!!!

今日のテーマは受験を通して学んだことです。

合格発表から70日経ち、そろそろ自分の受験生活を俯瞰できるようになってきました。そこでふと自分が受験で学んだこと、得たこと、感じたことは何だろうかと考えてみました。恵まれた家庭環境や周りへの感謝は当然感じますがそれをつらつらと書いても面白くないので、自分が得たものの中で今後一番役に立ちそうなものを挙げましょう。

それは決断力です。

受験というのは決断の連続です。志望校から始まり、併願校、塾をどうするか、今日何をするかまで、全て決断する必要があります。当然死ぬほど迷いますし、自分の決断を死ぬほど後悔することもありました。しかし今、合格後に俯瞰すると全ての決断が正しかったように思えます。何の後悔もありません。受かったからです。結局結果でしか決断の是非は測れません。それを知った今僕は相当な決断力を手にしました。これを決断力とは呼びませんね(笑)。

結局、僕が受験を通して学んだことは迷うだけ無駄ということかもしれません。