四年間見た中で一番頑張っていた生徒【長谷川】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 11月 14日 四年間見た中で一番頑張っていた生徒【長谷川】

こんにちは!最近乾燥してきましたね(汗)カサカサしてくるので保湿をしっかりしないと。特に風邪などには十分注意してくださいね!

今日のテーマは「四年間見た中で一番頑張っていた生徒」です!

このテーマ考えた人ひどいですね!僕から見たらみんなそれぞれ頑張っているし、一番なんて決められませんよ(笑)

その中でもあえて、一番受験を頑張っていた人は誰かなーと考えてみたら、次のような人物像が上がってきました!

①毎日登校、長時間滞在をしている生徒

これは勉強の基本ですよね!もちろん事情があったり、戦略としてあえてそうしない生徒もいるかなと思いますが、多くの生徒にとってはこれが重要なことだと思いますし、担任助手側からみても、校舎でよく見かける分がんばっているなという印象が強いです。

②受講、高マス、単ジャン、シボタイなど東進コンテンツを隅々まで完ぺきにこなしている。(クリーンPOS)

これは東進の第一志望合格への勝利の方程式に関わる重要な要素です!学習量が莫大だからこそこれらを全てやりきっている生徒は頑張っているなって思います!

ただクリーンPOSじゃないからがんばっていないというわけではないですよ。入学時期などによってやりきることが得策でない人もいるかもなのでそこは戦略です。

③受験期間、合格に向けてあらゆる時間を勉強に当てている。

これはなかなかできている生徒少ないかなと思います。僕の今まで持った担当の中にもこれを実践している人は1人いたかどうかってくらいです。

つまり、生活においてお風呂、歯磨き、食事などの時間を除いた全ての時間勉強できていたかってことです。これは体力的にも精神的にも結構きついと思うので、勉強それ自体が楽しいと思えるくらいにならないと難しいかもです。でもこのような生活を送っている人は校舎でも少しの空き時間ができたら単語を勉強していたりと所作ににじみ出ています。

以上が僕が今までで頑張っていたなと思う生徒像でした!頑張ってるかどうかの基準は人それぞれですし、上記はあくまでボク個人の見解です。

皆さんもそれぞれ自分に合った学習法で最大限の努力を実現しましょう!