夏休みの勉強法【武】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2021年 7月 16日 夏休みの勉強法【武】

こんにちは、武です。

最近ほんの少しだけ忙しいです。がんばります。

 

今日は昨日に引き続き、夏休みの勉強法についてみなさんにお話ししたと思います。

僕の夏休みは過酷でした。本当に。

たぶん、担任助手の中でもトップクラスと思えるくらいめちゃめちゃやりました。

休みなんてなく、がむしゃらでした。

それは、当時の自分じゃ考えられないくらい、周りの人が驚くくらいレベルの高いところを目指していたから。

自分なんかのやりやすいペースで、なんとなーく勉強するのは、合格することができないことはもちろん、その大学に対して失礼とまで思ってました。

だから一日15時間と言わず、寝る間も惜しんで勉強に費やしたわけです。

方法と言われると、もう二年も前の夏の話なので、あまり鮮明に覚えてはいませんが、とにかく担任助手の言うことに信じて従って勉強してました。

当時も「夏は、カコモン」の如く校舎として雰囲気は過去問一色でした。僕は科目数がたくさんありましたが、担任助手の示すなんとか目標に到達することができました。

達成できたときの喜びはひとしおでした。

 

今、校舎に貼ってある目標や担当のスタッフから言われる目標は、みなさんの学力を上げるために、合格可能性を最大限まであげるために、担任助手が頭を捻って考え抜いたものです。

でも、僕は思います。

提示される目標に食らいついて、達成することは学力を上げること以上に、自分の自信に繋がります。

自分はやればできるやつなんだ。小さなことかもしれませんが、そう思うことができます。

受験期に自分の自信に繋がる体験なんて、模試の点数が上がったりなど、数えるほどしかありません。

目標に向かって努力する。学力と同時に大切な何かを、みなさんも手に入れることができるかもしれませんね。

 

勉強方法とずれてしまったかもしれませんが、僕からのアドバイスは以上です。