大学の授業を受けてみて【山本】 | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2020年 8月 12日 大学の授業を受けてみて【山本】

 
 

こんにちは!先日は更新できず申し訳ありません…。山本です!

趣味としての読書を最近できていなかったので(授業内では嫌というほど読んでいます笑)、この前小説を二冊買いました。皆さんも、自宅に籠る日々となるでしょうから、ぜひ読書を!

ちなみに私がこの前買った小説のひとつは、『君の膵臓を食べたい』の著者である住野よるさんの作品、『また、同じ夢を見ていた』です。

読んだことあるよ、という方、またはこの投稿を読んでから読んでみた!という人は、校舎で感想を語り合いましょう!

 

さて、今日は「大学の授業を受けてみて」というテーマです。

大学の授業は、何よりも専門性があるということが特徴だと思います。高校のように、これは好きじゃないな、という分野のものは受ける必要が無いのでとても自由です。

しかし、自由な代わりに、単位のことを考えて自分ですべて組む必要があるので、とても大変です!

また、教授との双方向的なやり取りのあるものが多い印象があります。

皆さん御存知、zoomを使用した授業ではチャットで質問を交わしながら進みますし、教授と生徒数名で、作品の意見交換を二時間ひたすらするというものもあるんです。

 

好きなことをこれでもか!と勉強できるという点で、大学の授業はとても楽しいです!

ですから、自分の好きなこと・科目・分野がはっきりしている人ほど、大学の授業を楽しむことができると思います。

志を明確にするために、自分の好きなことは何なのだろう??と、自分と対話する時間を、この夏休み作ってみてください。

 

次回は碧さんです!お楽しみに!

現在夏期講習を実施しています。気になる方は下のリンクから!