学校が始まってからの勉強法【加藤】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2021年 9月 13日 学校が始まってからの勉強法【加藤】

 

皆さん、こんにちは!

担任助手の加藤です。

 

今日のテーマは「学校が始まってからの勉強法」です。

 

9月になり、学校が始まりましたね!(大学生はまだ夏休み中です。笑)

 

皆さんは、夏休みとは異なり学校の授業、行事と並行しながら受験勉強をする必要があります。

 

そんなときにおすすめなのは「最低限のタスクを継続する」勉強法です。

 

具体的には、単元ジャンル別演習と大問別演習を受験科目の全教科を触れるということです。

 

私の1日のタスク例

現代文→大問別演習の評論を1つ進める

古典→古文単語(単語帳)を50単語覚える

漢文→漢文速習法(句系の文法書)の1章を覚える

英語→過去問(早慶レベルのとにかく難しい問題中心)を1題解く、単語帳(英検準1級パス単)を1周する

社会→苦手な時代の該当教科書、参考書を1回音読する

 

とにかく、学校が始まってからは過去問を細かく分けて(大問ごとに分割して)進め、苦手な形式に慣れていくことを意識して勉強を進めて欲しいです。

 

その上で、1日の最低限のタスクを教科ごとに無理なく設定し、それを確実にこなす継続力が大切だと思います!

 

どんなに眠くても、やる気が出なくてもできる質・量という観点も忘れずに

設定しましょう!笑

 

教科ごとの演習量のバランスに気をつけて、日々の演習を頑張ってください!

応援しています!!