当たり前を当たり前に | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2019年 8月 5日 当たり前を当たり前に

こんにちは!本日担当の錦明日美です!

最近暑いですね~☀去年の猛暑よりは涼しい?ようですが、去年は受験生で開館から閉館まで校舎にこもっていたので外出していると倒れてしまいそうになります…皆さんも登校時や部活の時は熱中症に気をつけてください!

今日のテーマ、「当たり前を当たり前に」ですが、受験においても人としても何よりも大事なことです。

遅刻をしない、宿題の期限を守る、定期テストの勉強をして赤点を取らない・・・

先生や親、先輩から今まで何度も言われてきたことだと思います。

なぜこんなに多くの人が、うるさいと感じるくらいにこの言葉を繰り返すのでしょうか。

それは、皆さんよりも少しだけ早く、多くのことを経験してきた人が自分の人生で得た教訓だからです。この言葉を言う人の中には、自分自身は当たり前をやってこなかった人もいると思います。それでも、当たり前をこなすことが必要だと思うから、まだ結果を変える可能性を持っているみんなには自分のような過ちを繰り返さないでほしいと心から思って言うのです。

未来が変わる可能性があるのだから、今日から当たり前を当たり前にすることを始めてみませんか?受験生は高校生活も残り一年を切っているし、「今さら変わっても意味がない」と思うかもしれません。でも、受験まではあと半年以上もあります。

「遅刻とか、提出期限守るとか、出来るならとっくにやっているし自分には無理だ。」と逃げていませんか?今は少し大変でも、続けていればきっと半年後には当たり前にできるようになります。少しの努力で生まれる毎日の変化で、半年後の結果が一つでも変わるかもしれないのです。

私も自分の過去に後悔があるからみんなにこの言葉を掛ける人の一人です。

私たち担任助手はみんなの受験のサポートしか出来ません。直接成績を上げてあげること、変わりに朝起きて、一日中集中して勉強することを変わってあげることも出来ません。

ただ、自分の経験からみんなのためになると思ったことを伝えて、辛くなったら話を聞いて一緒に解決できるように寄り添って、今日も頑張ろう!朝登校しよう!と精一杯声を掛けることしか出来ません。

変わる決断をして、行動を起こして合格を掴み取るのは自分自身です。

私たち担任助手は、みんなに第一志望の大学に行って、やりたかったことを全部やって、理想の大学生活を送ってほしいと心から願っています。そのために私たちにできることがあれば(ちょっと矛盾しているけど)出来る限り何でもサポートします!

受験生はあと半年、低学年は一年と少し、この東進ハイスクール蒲田校で一緒に頑張っていきましょう!!

 

明日のブログは橋本さんです!ラストブログ!?感動的で、過去最高の蒲田校ブログになること間違いなしですね!

ぜひ全員読んで、橋本さんに感想を伝えましょう!

明日も校舎は8時から20時半まで開いています

招待講習が気になる方は下のバナーをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓