後悔はするな!【山本】 | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2020年 11月 7日 後悔はするな!【山本】

 

こんにちは、担任助手の山本です!

もうすっかり寒くなってきましたね…。そろそろ熱々の焼き芋なんかが恋しい季節ですよね!

さつまいもは、むくみの原因になるナトリウムを排出してくれるカリウムや、脳のエネルギー源であるブドウ糖を作り出すのに欠かすことができず、また不足してしまうとストレスやイライラのもととなってしまうビタミンB1などが多く含まれているんだそうです!

勉強で座ってばかり、足のむくみが気になる受験生女子の皆さん、それからなにかとストレスを感じがちな現代を生きる皆さんにとって、焼き芋は救世主になってくれるかもしれませんね?

 

さて、本日の本題に入っていきますが、今日は受験生から低学年の皆さんまで、全ての学年の方に関することです。

低学年の頃から、もしくは今低学年で、大学受験を意識しているよ、という方はそれをそのまま貫いてほしいのですが、私が声を大にして言いたいのは大学受験は低学年の頃から始まっているも同然だ!ということです。

私は高校3年生の春まで、部活が何よりも第一でした。受験のことは高2の終わりくらいから意識して、低学年のうちは学校のテストのときに勉強をササッとして、それなりに理解できていればいいや、と。

いざ受験学年になり、毎日を勉強に費やし始めると、自分の甘さを自覚しました。基礎的な知識を低学年のうちに固めていたなら、もっと実力を伸ばしていくことができたかもしれないのに。私は部活の忙しさを言い訳に何もしてこなかった…。

そして結果として、可能性が少しあると思われていた第一志望校には手が届きませんでした。

低学年の頃からもっと受験を意識した勉強をしていれば、結果が変わっていたかもしれないのにと、ひどく後悔しました。

皆さんにはそんな思いをしてほしくありません。

「やらない後悔より、やって後悔」この言葉を皆さんに贈りたいと思います。

もちろん、後悔しないような結果になることが1番ですよ!

担任助手一同、応援しています!

 

次回の担当は長谷川担任助手です、お楽しみに!