担任助手をやってよかったこと【鈴木】 | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2018年 12月 16日 担任助手をやってよかったこと【鈴木】

こんにちは!センター試験まであと1か月ですね~

ついこの間まで100日とか三桁だったのにあっという間ですね、自分のセンター試験が終わってから2年が経とうとしているなんて・・・恐ろしいですね。

さて、今日は自分が約二年間担任助手をやっていてよかったなあって思ったことを語っていこうかなと思います。

 

まず第一に、「人見知りが治った(ある程度)

高校時代の自分は人前に立って何かを発表したり、初対面の人と話たりするのが極端に苦手でした。

まだ苦手意識は少しはあるものの、以前とは比べ物にならないほどにはなれました。

むしろ人と話すのが若干好きになりました

特によく接するようになったのは高校生で趣味が合ったりするとなおさら話すようになりました。

そうすることで人見知りが治ったのですが、それに加えて二つ目。

頑張る気力をもらえる

個人的な話にはなるのですが、自分は東進ビジネススクールに二年間通っています。

毎週木曜日には新宿校に行って受講したり、勉強のアドバイスをもらっています。

飽きやすい性格の自分がこんなにも続けられるのは生徒の皆さんが頑張っているからなんです

去年ですが、自分が担当していた生徒のうち3人が第一志望に合格しました!その時の喜びは文字では表せないほどです。

そんな刺激をもらえる所で働けているのは幸せだなと思います。

 

自分は担任助手二年目ですが(よく5年生とか言われますが・・・)、担任助手をやっていて後悔とか一つもないし様々な人に出会えたのがとても嬉しいです。

今の大学一年生で担任助手をやってくれている人は自分にとっては初めての生徒であったわけだし

そんなみんなが後輩として一緒に働けているのは最高だなって思います。

これもやっていて良かったなって思える理由の一つかもしれません。

 

確かに忙しくて大変な一面もあります。ほかのアルバイト等をやったことがないからわかりませんが、大変なのはどこも一緒だと思います。

そんな中に自分はやりがいを見出しているからこそ続けられています!

このブログが参考になれば嬉しいです。何か質問あったら聞いてね!!

 

明日は伊藤桂心です!!お楽しみに!!

センターまで34日 明日の開館時間:11:30~21:45

 

↓↓招待講習や同日体験受験のお申し込みはコチラから↓↓