明治大学の特徴【長谷川】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2021年 11月 29日 明治大学の特徴【長谷川】

こんにちは!最近右手の親指が乾燥してカサカサになってしまい地味に痛いです。気になったら僕の右手を見て痛そうだなって思ってください。

さて今回は明治大学の特徴について思いつく範囲で書いていこうと思います。

入試形態などで言うと、共通テストで文学部以外でも漢文まで求められるところだったり受験者数が一位だったりと結構人気な様子ですよね。僕の通う情報コミュニケーション学部の一般入試は国語が毎年悪問ということで話題です(笑)

あとは明治大学はキャンパスが4つあります!

文系は1,2年は和泉キャンパス、3,4年は駿河台キャンパスに通います。

理系は4年間ずっと生田キャンパスというところに通います。

そして我らが金崎担任助手の通う総合数理学部と国際日本学部は中のキャンパスに通います!

それぞれのキャンパスの特徴をあげると、和泉は歴史のある感じ、駿河台は今風なタワー、生田は山、中野はこの中で一番キャンパスが綺麗なイメージです。和泉と駿河台以外いったことないので気になる人はオープンキャンパスにぜひ行ってみて下さい!

また、最後に小ネタですが、明治大学には各学部に裏の名称があり、例えば理系の学部は生田の山の方にあるので生田農工大学と呼ばれています。(農学部と理工学部があるため)もはや明治の名前が無いですね(笑)

さて僕が通う情報コミュニケーション学部の裏の名称はなんでしょうか?ぜひ校舎で当ててみて下さい!