本番を想定しよう【長谷川】 | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2020年 11月 22日 本番を想定しよう【長谷川】

こんにちは。寒くて外に出たくないです。

今日のテーマは「本番を想定しよう」です。

受験生も今後受験を控えている低学年の方も常に本番を意識して勉強すると緊張感がありいいですよ!

まず本番を想定する絶好の機会が模試です。もちろん実際に試験会場とは異なりますが、模試をどれだけ本番のような雰囲気にできるかは自分次第です。

まず、起床時間。受験はだいたい早朝から始まります。受験当日に試験会場ギリギリに入場するという人は少ないでしょう。多くの人は30~60分前には会場入りすると思います。まずは早起きを心掛けましょう。

次に食べるもの。長い試験時間を戦い抜くには栄養の補給は重要です。試験中にトイレに行きたくならない、おなかを壊さない食べ物・飲み物をあらかじめ調べてシミュレーションしておきましょう。

そして、時計です。会場に時計が設置されているのは少ないです。当日に時計を忘れて自分のペースが分からなくなる、などのトラブルは避けておきましょう。戦に勝利するものは徹底的に準備するものです。

次に本番を想定する場所で個人的にオススメなのが、自習室です。僕は生徒の時に、自習室を試験場として想定して、過去問を解いていました。イメージトレーニングです。模試も残り数少なくなってきましたので、模試を想定する機会が欲しいという方は参考にしてみてください。