模試の捉え方【三瓶】 | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2020年 8月 24日 模試の捉え方【三瓶】

こんにちは!三瓶桜子です。

毎日暑い暑いと思ったら雷雨が降り出したり、

よくわからない天気が続いていますが

皆さん元気ですか?

 

さて今日は、模試の捉え方についてお話ししたいと思います。

みなさん、模試の帳票が帰ってきたときどこを見ますか?

おそらく、判定を一番に見てしまうと思います。

私もそうでした笑

点数や判定で一喜一憂してしまうと思います。

おそらく、落ち込むことの方が多いと思います。

今回は、落ち込んだ時の対処法にフォーカスを当ててお話ししたいと思います。

まず、落ち込むのは模試の自己採点をしたその時だけです。

なぜなら、模試は落ち込むためにやっているのではなく

自分の弱点を見つけるために受けているからです。

すぐに切り替えられるように何か発散方法を作っておきましょう。

例えば、私は勉強でうまくいかないことがあったら

スタバに行って切り替え!

と決めていました。

あらかじめルールを作っておくことで暗い気持ちから切り替えやすくなります。

もう一つおすすめなことは、担任助手に話を聞いてもらうことです。

担任助手は1番の経験者です。

話すだけでも気持つは軽くなりますし、

受け止めてもらえます。

また、一緒にこれからの対策も考えることができます。

担当に関わらず、話しやすい人に聞いてもらいましょう!!!

私もいつでも聞きます!!!!!!

 

 

明日の担当は、碧さんです!!!!!