自分の頃の全国統一高校生テスト【兒玉】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 11月 10日 自分の頃の全国統一高校生テスト【兒玉】

こんにちは兒玉です。
最近親友から3ヶ月遅れの誕プレを貰って、別の親しい人からもマザー牧場のお土産を貰って、人からのプレゼント貰うってすごく嬉しいなぁと実感しています。
この2人からは日頃から素敵な言葉や考え方を貰っていて、僕も人に何かを与えられる人間でありたいと改めて思いました。

その一環として担任助手の仕事をこれからも精一杯やって行こうと思います!

 

さて、今日のテーマは「自分の頃の全国統一高校生テスト」です!!


生徒の皆さん、全国統一高校生テストお疲れさまでした!復習はもう終わっているでしょうか??
結果が良かった人、あまり振るわなかった人、様々居ると思います!!
前にも書いたと思いますが模試の結果は自分へのアドバイスでしかありません!
しっかり自己分析して本番に繋げられれば良いのです。


それでももう共通テスト間近なんだから結果を気にしちゃうよ!という人のために高3の僕の散々な点数をお見せしましょう。

R:95 L:78 現:86 古:38 漢:43 数1a:77 数2b:65 物:53 化:48 地:53

改めてみても理系とは思えない点数ですね、、、8割取れてるの英国だけ、、、
皆さんも正直あれ、兒玉さん思ったより低い、、と思ったのではないでしょうか。
そうなんです。けど、受かったから良いんです!!!
よく言われるように、受験生の伸びは指数関数的なのです。
この頃の僕はちょうどグッと伸び始める手前くらいにいたんだと思います。
皆もそうです!!受験生の可能性は無限大!!第一志望めがけて頑張ろう!!!

ここまで言っても結果が気になるという人、考え方を変えてみましょう。
大学受験において結果とは、合格or不合格のみです。皆さんは全員まだ何の結果も出してません。無です。
模試という途中経過がいくら良かろうが悪かろうがすべてが終わった時結果として残るのは合格か不合格かのみ。
そう考えれば模試一つで悩むのが馬鹿らしくなりませんか??
最後に合格できればなんだってよい、そのくらい楽観的になっても良いと思います。ただ、最後に合格するためにやれることは全部やりましょう。
残り時間は短いようにみえて、実はなんでもできます。頑張るぞ!!!!