過去問の点数が伸びないとき【大村】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 8月 22日 過去問の点数が伸びないとき【大村】

こんにちは。大阪桐蔭が負けましたね。私の夏は終わりました。ありがとうございました。大村です。

 

さて。私の夏は終わったけれども、皆様の夏はまだ終わっていません。

今回のテーマは「過去問の点数が伸びない時」です。
沢山過去問演習をしていくうちに、伸び悩んででしまう事だってあるでしょう。それは当たり前の事だと思って貰って構いません。

勉強は一夕一朝で楽々結果が出るものでは無いんです。夏に頑張れば確実に結果が出る位簡単なものなら学習塾は必要ありません。

ただ成長していないかと言われるとそんな事はありません。少しづつですが確実に着実に成長しているんです。皆様は一年に一回位会う親族に「随分背が伸びたね」と言われて「本当?」と首を傾げた事はありませんか?身長はその成長スピードを自覚出来ないくらいゆったりと伸びていきます。
成績だってそれと同じです。自分じゃ分からないくらいゆっくりのんびり成長しているんです。

ただ身長と違うのは、勉強は秋冬にガツンと成果が出るという事です。夏に頑張れた人は必ず成果を出すことが出来ます。これは絶対です。身長は牛乳を飲んでも運動をしてももう伸びないかもしれないけれど、勉強だけはやれば絶対に伸びます。それに急激な成長期があります。

今、過去問の点数が伸び悩んでしまっている人がすべきことは、ドッシリ構えて努力を続ける事です。大丈夫。正しい努力さえしていれば少しづつ成長出来るはずです。気が付いていないだけでほんの少しづつ成長しています。

不安な気持ちは自分のそれを上回る努力で吹き飛ばしましょう。それでもダメな時は話しやすい担任助手や社員さんに声を掛けてみてください。言葉にする事で軽くなるかもしれません。

不安な気持ち、めちゃくちゃ分かります!でも落ち込んでるのも勿体無い!勉強の不安は勉強でしか拭えません!成長を信じて勉強に努めましょう!!