12月に意識していたこと【金崎】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 12月 5日 12月に意識していたこと【金崎】

こんにちは、金崎です。

今回のテーマは、12月に意識していたことです。

具体的には、東進に入学した以降の高2と高3でそれぞれ意識していたことを書こうと思います。

もう遠い記憶ですが、なんとか思い出して書いてみます。

 

【高2の12月】

東進では12月から新高3になるので、受験に向けて本気になってきた時期でした。

この時期から物化や数Ⅲの受講を受けて先取りをスタートさせたので、とにかく受講を頑張ると意気込んでいました。

それにプラスして、高速マスターも一回目の高マスオリンピックがあって、周りに負けないように毎日英語と数学をコツコツやっていました。

そして、やっぱり一番は新しいチームミーティングが始まったことです。同じ高校で同じ理系、そして自分より頭のいい友達との2人のチムミだったので、その友達のことをすごく意識していました。彼は本当にずっと校舎にいるんです。朝早く行ってもいるし、閉館間際になってもずっと集中していました。そんな中、僕は彼が見える席に座って、負けないようにバリバリ意識して勉強していました。

皆さんも新チムミで、ぜひライバルを見つけて下さい!

そして、そのライバルに絶対に負けないように、ひたすら頑張る。

そんな12月にしてほしいです。(12月に限らずこれからずっとですが)

 

 

【高3の12月】

高3はとにかく最後の追い込みをしていました。

というのも、第一志望校に対して模試での点数が絶望的に低かったんです。

そのため、共通テスト直前のこの時期は苦手な物化を大問別演習を使ってひたすら演習していました。

一回分解いたら、わからなかった所をとにかく書いて覚える。

その繰り返しで、苦手な単元でも5回連続で8割を取れるようになるまで繰り返していました。

僕は本番で8割を目指していたので、安定して8割を取る実力をつけるためにこれをやっていました。

結果は、12月で両方5割くらいだった物化が物理は8割超え、化学は7割後半まで伸びたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ここからは、一点でも多く取るためにできることをやり続けることが重要です!

最後まで諦めずに、頑張りましょう!

 

以上が僕が12月に意識していたことです。

どの学年にとっても非常に大事な時期だと思うので、皆さんも悔いの残らないように1日1日を大切に過ごしてください!!