単元ジャンル演習の活用法【原田】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2021年 9月 1日 単元ジャンル演習の活用法【原田】

こんにちは。今日のブログ担当は私、原田です。

今日のテーマは単元ジャンル演習の活用法です。

9月1日になり、ついに東進の大きな武器の一つである単元ジャンル演習が始動しました。

単元ジャンル演習を始める最低条件は共通テスト対策5年二次私大過去問5年です。

蒲田校では、8月末までに共通テスト対策10年、二次私大過去問10年を目標にしていましたが、達成できたでしょうか。

 

単元ジャンル演習ってどう使うの?と思っている方のために、まずどれくらい時間を単元ジャンル演習に使うかをお話します。

結論から言うと、11月まではどっぷり単元ジャンル演習を使います。

2ヶ月もそれに費やして大丈夫なの?と思う人もいるかも知れません。が、それくらい時間がかかってしまう人が多いです。

そもそも、単元ジャンル演習は自分の苦手範囲、まだまだ点が取れるであろう箇所をAIが見つけ出し、重点的に演習を行うコンテンツです。

だから、自分が苦手だな、難しいなと思っているところを突いてきます。

そんな箇所ばかりを演習するので、嫌になるかもしれないですが、逆に考えると、そこが伸びしろなんです。

また、その演習には様々な大学の過去問を使うため、色々な問題に触れることができます。

 

単元ジャンル演習はとにかく 解く→復習する→解く→復習する… の繰り返しです。

武担任助手はものすごい演習回数をこなしたとか…

みなさんも頑張ってこなしていってください!